女性のくびれ体感!ローラ!水で10倍にチアシードが

408cf952e9abf430a37e204bde7d1323_s

メタボリックシンドロームの改善に!

かなり昔の話になりますが、わき腹の肉をつかんでみて百科事典の厚さになればレッドゾーンだとして、
揶揄される標的になる方が多くいました。
今でいうメタボリックシンドロームの指標に近いものがありますね。

わき腹の肉がたるんでいるという方は多いのですが、年齢をある程度重ねていくと、腰の後ろにも指でつかむことができる贅肉がしっかりついてしまっているという方も多くなります。

腰の後ろの贅肉を取りたいと思ってからは、色々な努力を始められた方も多いと思います。

ですが、すべて水の泡で終わってしまったという方がほとんどなのではないでしょうか。

腰の後ろの贅肉を無駄な努力をせずに取りたいと思っている方にお勧めなダイエット方法があるのです。

無駄な努力どころか無理な制限や無茶なダイエット方法などは全く必要ありません。
ただ毎日できるだけ忠実に実践するだけ。

必要なのは「痩せたい!」という気持ちと簡単に折れない心だけ。
気がつけば、腰の後ろの贅肉がつかめなくなっているほど、すっきりとしたシルエットに戻っていることでしょう。

断食ダイエットは挫折の一番の原因ですよ!

ダイエット方法で一時期爆発的に流行した「断食ダイエット」。
今では「プチ断食」などと呼ばれていますよね。

また、お寺で経験する一汁一菜ダイエットや、48時間ファスティングダイエット等も断食ダイエットの一種と考えます。

この断食ダイエット、効果は高いのですが、実は挫折する確率が高いダイエット法でもあるのです。

お坊さんたちは、人間の三大欲を切り離しているので強い精神力で一汁一菜の食事でも一日を過ごす事ができます。

また、ファスティングダイエットでは48時間という短いようで長い時間、食べてよいもの、いけないものの区別がされてしまう事で、ストレスが募りやすくなります。

ましてや、断食時間と食事時間等というような時間で区切りをつけなければならない事は、イライラもピークに達してしまい、断食明けにはストレス解消のために過食というリバウンドが待ち受けていること必至です。

断食は体の毒素を抜くのには良いといわれていますが、貧血や低血糖を引き起こしやすくなるリスクもあります。

ダイエットしてもリバウンドして元通り…もうがんばるのに疲れた

「食事を減らして減量しても、肌はボロボロになるし体調も崩しがち…」
「あの頃の体型を取り戻したい…」など、スタイルに悩みを持ちつつも、
なかなか今までの方法ではうまくいかなかった女性を美・ダイエットサポート!

そのヒミツは

水につけると10倍に膨れるチアシードがダイエット時の空腹感をサポートすると同時に、
低カロリーでありながら栄養がぎっしりと詰まったスーパーフードが効率的な栄養補給をサポート!

しかも、これらのスーパーフードを1粒にギュッと凝縮したのでいつでもどこでも簡単に摂ることができます。

この手軽さが、理想のスタイルへ導く習慣を続けられるポイント♪

忙しくても、理想のスタイルも手放したくない女性の間でも話題沸騰中!


応援クリックよろしくお願いします。

本日のランキング応援クリックありがとうございました。

コメントを残す