背中のだぶついた脂肪を普段の生活改善でとる三つの方法

スポンサードリンク


背中に自分では気がつかないうちにちょっとずつ脂肪が蓄積されてしまうことがあります。

人から案外見られていて印象を左右するのが後姿です。たびたび目にするのがぴったりとしたTシャツの背中に、ブラジャーからはみ出した余分なお肉がくっきりとうつってしまっているものです。

これは自分では見ることができないので、気にする人が少ないようです。

たとえおしゃえをしているつもりでもこれでは台無しです。

また背中に脂肪がついて、丸まって猫背だったりすると老けて見えますよ。

反対に姿勢がよく、背中にだぶついた脂肪が無く、すっきりしとしている人は、若々しく見られます。

また余分な脂肪が背中についてしまうと、腰痛や肩こりの原因にもなります。

背中の脂肪は一度ついてしまうとなかなか取ることができません。

手や足のように動かすことが少ないからです。

そこで、対策として

背中に脂肪をつけないためには、日頃から背筋を伸ばして姿勢よく歩くことが大切です。

常に背中を意識することで、脂肪がつきにくくなります。

いったん脂肪が背中についてしまうと、取り除くことは難しくなります。

背中を伸ばしてきびきびと動けば脂肪が背中につくのを防ぐことができます。

日頃家事をするときなどにも意識してみましょう。

スポンサードリンク



具体的な対処

脂肪が背中についてしまったとき、それを落とすにはどうすればよいのでしょうか。

1) 普段あまり使うことのない背中の筋肉を動かすエクササイズや、背中を伸ばすストレッチなどが良いでしょう。

背中についた脂肪を落とすことはなかなか難しいものです。

食事制限だけのダイエットで体重は減っても背中の脂肪は落ちにくいからです。

また背中に脂肪がつきやすい人は、姿勢の悪い人が多いようです。

2) 自分自身の姿勢を見直すことから始めてみましょう。

一日中前かがみの姿勢でパソコンに向かっていたのでは、背中の脂肪はなかなかとれません。

3) 脂肪を燃焼しやすくするために、背中を伸ばすストレッチをして血行を良くするように心がけましょう。

毎日ストレッチを繰り返すことで背中に脂肪がつきにくくなります。

手を後ろに組んで背中を反らすだけでも良いのです。

特別な運動などする時間がない人でも、家事の時にちょっと背中を意識するだけで、脂肪が蓄積するのを防ぐことが出来ます。

窓拭きや雑巾掛け、洗濯物を干す時などに、背中の脂肪を意識して大きく動かしてみましょう。

毎日のこのようなちょっとした気遣いで、背中に脂肪をためるのを防ぐことができるといえます。

毎日意識することで予防できればこれはそれほど難しいことではないでしょう。

コメントを残す