7日間脂肪燃焼ダイエットって?

スポンサードリンク



食生活に脂肪燃焼を妨げるような何かの理由を抱えていると、脂肪燃焼ダイエットのために一生懸命運動をしているのに効果が出ない、ということがおきる可能性もあります。

炭水化物や糖分を摂りすぎている人は食生活をもう一度見直し、脂肪燃焼させダイエットを成功に導く体を作り直す必要があります。

体脂肪よりまず先にエネルギーとして使おうとするのが、炭水化物や糖分なのです。

効率をよく脂肪を燃焼させるためには、まず糖分や炭水化物をたくさん摂取しないよう毎日の食事に気を配らなければなりません。

また運動前に炭水化物を多く取り入れた食事をしないようにすると、効果的にダイエットで脂肪燃焼させることができます。

血糖値は、糖が体内に吸収されやさい食材が摂りこまれると急激に上昇するため、脂肪が消費されなくなるのです。

といってもダイエットのためにと食事もまったくせずに運動をしたりすると、体は自分自身を守ろうと、脂肪をためておこうとするのです。

やや高たんぱく質の食事を運動の数時間前に摂るように心がけましょう。

また、体脂肪には脂肪を蓄える白色脂肪とエネルギーを消費して人間の体温を保持する褐色細胞があります。

このうち褐色細胞の方が脂肪燃焼に一役買うものなので、ダイエットではこの褐色細胞を活用していくといいでしょう。

褐色脂肪細胞は肩胛骨、脇の下、首の後などの限られた部分にしかありません。ここに寒冷刺激を与えて刺激を与えるなどすると脂肪燃焼効果がアップします。

スポンサードリンク



さて、

数あるダイエット方法には、脂肪燃焼スープ、または7日間脂肪燃焼ダイエットと呼ばれるものがあります。

これは野菜スープを中心にしてあらかじめ決められたメニューを食べるダイエット方法で、出所ははっきりとしていません。

まず野菜スープを作ることが、この7日間脂肪燃焼ダイエットではじめにすることです。

まず材料としてキャベツ1/2個、タマネギ3個、セロリ半分、ピーマン1個、といった野菜、それからチキンスープの素とホールトマト1缶を用意し、それらの野菜を一口大に切ります。

それから大鍋を用意し、チキンスープの素とホールトマトを入れてから、ひたひたに水を入れて残りの野菜も入れて柔らかく煮込みます。

塩こしょうなど好きな味付けをしたこのスープが、脂肪燃焼の手助けをするというところが、このダイエット方法の魅力となっています。

このダイエットを始めるには、まずダイエット1日目をスープと果物だけとします。

それからダイエット2日目をスープと野菜のみの日、

ダイエット3日目をスープとフルーツと野菜の日という形でそれぞれメニューの大枠が決まっています

このようにその献立に従って7日間のダイエットを進めていくと、少しずつ体重が減っていくというわけです。

けれども、このスープによるダイエットでは確かにやせることはできますが、確かに脂肪燃焼タイプのダイエット方法であるというわけではありません。

この場合どちらかというと食事を制限するダイエットの性格が強く、その食事内容だとたんぱく質が少ないかもしれません。そのため長期のダイエットには向いていないので注意が必要です。

コメントを残す