トイレにいっても中々順調にでなかったり、中断したりして悩み続けた結果のはての決断だ!

50代をすぎるころから、トイレにいくと尿の出が途切れことを経験したことがありませんか?

 

何か、気のせいかと放置、だいたい、2年近く、そのころになるとちょっと、何かの病気ではにかと思い始めます。しかし、泌尿器科となるとちょっといくのに勇気がいって、中々いくことが難しいかもしれません。

そこで、とりあえずは、テレビなどでも宣伝しているので、薬局にいって、尿トラブルの薬を購入。たいていの薬は、漢方が多いです。

自身も薬局を探し回って、効果のありそうな漢方をみつけ、1か月ぐらい服用しました。しかし、ほとんど、効果はありませんでした。そのうち、漢方の服用もやめて、また、数年がたってしまいました。

スポンサードリンク



とうぜんのことですが、症状の改善はみられず、たまたま、会社の人間ドックの受診した際に、先生に症状をつたえました。

すると、先生は、前立腺肥大の可能性があるかしれないので、一度、泌尿器科を受診してみたらと背中を押していただきました。

まだ、それでも、躊躇していたのですが、あきらめて、泌尿器科を受診しました。

当時の技術なのか、尿道から、前立腺肥大の検査をうけました。一応、麻酔もかけておこなったので、痛みも感じることなく、検査自体は、10分ぐらいですみました。

検査の結果、前立腺肥大という診断がくだされ、前立腺が尿道を圧迫していて、尿がでにくくなる病気といわれ、この圧迫を抑える薬を処方されました。

この薬を処方されたところ、尿はスムーズにでるようになり、本当にびっくりするほどでした。

しかし、この薬も1ねんぐらい続けていると徐々に、尿の出具合が悪くなってきます。そこで、この薬に加えて、漢方薬も処方されましたが、全く、効果がなく、結局、最初の薬だけにもどりました。

このくるりで5年近く服用を続けていました。尿の出具合は、悪く、トイレにも時間がかかるようになってきました。このため、宴会とかみんなで出かけるときにトイレにいくのが嫌でたまりませんでした。とにかく、時間がかかるので、恥ずかしい気持ちがさきにたち、我慢することが多くなりましたし、会社では、よく、個室に入っていました。

もう、このころになると、残尿感が気になってしかたがありませんでした。また、トイレが終わったあともちょろちょろと尿がもれでるので、尿漏れパッドなどもつけたこともあります。

勿論、尿漏れといってもズボンまでしみわたるわけではないので、恥ずかしい思いまではしたことがありません。

とにかく、尿の出具合がわるかったり、途中で尿がとぎれたりするのは、前立腺肥大の可能性がたかいです。

中々、泌尿器科にいくのは勇気がいると思いますが、案外、普通の内科などと比較して変わったところもないので、慣れれば、大変なことはないですよ。

昔は、前立腺肥大を検査するのにおしりから先生が指をいれて前立腺の大きさをみていたようですが、今は、超音波で検査するのが普通になっています。直接、指をいれられるのは、恥ずかしいことですが、ほんの一瞬だけの我慢ですみます。

今は、超音波での検査が普通ですが、先生いわく、触診でもかなりのレベルまでわかったといっていました。

前立腺肥大の検査をうけていると尿の検査や超音波、血液検査で前立腺がんの発見にもつながるので、本当に、尿の出具合におかしいと感じたら、なるべく、早くに泌尿器科にいくことを進めます。たいていの、泌尿器科クリニックは、内科も併設していたりして、割と入りやすくなっています。

勿論、クリニックに入ってしまえば、なんの相談できたかわからないので、安心して受診することができます。

是非、がんばって、勇気を振り絞って泌尿器を受診しましょう。

スポンサードリンク



コメントを残す