専業主婦の青色申告

所得額(収入ではない)が扶養限度の38万を超えそうな場合の対処法!65万円控除の青色申告をすべき!

投稿日:2018年1月11日 更新日:

最近は、主婦のかたのネットによる小遣い稼ぎが簡単にできてしまい、ちょっと始めてみようと思って、始めている方も多いのではないでしょうか?

ネットは簡単なので、気軽さも手伝い、しかも、いきなり大金を稼ぐわけではないので、最初は、数千円ぐらいからかと思います。ただ、順調にネットで稼げるようになってきても高々、月1万円だと思っていて、こんなのは、ほんの小遣いだなんて思って、あまり、気にしないでどんどんネットでの小遣い稼ぎをし続けてしまっていませんか?

ところが、ここに落とし穴が!

月々の小遣いが3万円なら特に、小遣いと呼べるレベルかもしれません。しかし、4万円、5万円というと小遣いというレベルを越しているかもしれませんよ!

何故かというと、1年間の所得(収入ではありませんよ!)が38万円を超えるとご主人の扶養からはずれてしまいます。加えて、ご主人の税金もあなたが扶養からはずれることによってぞうかすることになります。たかが、小遣い稼ぎと思って侮ってはとんでもないことになります。

スポンサードリンク



さて、この収入と所得の違いってなんでしょうか?

収入=あなたが、ネットで小遣い稼ぎと思っている金額

所得=収入ー経費

経費=小遣い稼ぎのために当年一年間支払った金額

具体的には、パソコン代、インターネット回線費用、市販本購入費、電気代、取材費、取材のためにかかった交通費など。但し、パソコン代やインタネット回線費用など小遣い稼ぎ以外で使用する分は除く必要があります。つまり、小遣い稼ぎに使用した分のみということです。そして、これらの費用をあなたが支払っていることも必要です。例えば、これらの費用をご主人が支払っていると経費の対象外になってしまいます。

さて、所得(収入-経費)が38万円を超える可能性がでてきた場合には、税金を支払う必要になってきます。

ネットで小遣い稼ぎのつもりではじめた所得は、普通の確定申告では雑所得扱いとなります。所得には、色々なものがありますが、もっとも一般的なものは、給与所得です。

この雑所得と給与所得の違いは、雑所得は、前述したように収入から経費を引いた金額になります。それに対して、給与所得は、給与の収入からある程度の金額が費用として控除されます。控除の額は、収入によってことなりますが、収入が500万円ぐらいあると100万以上が経費としてひかれあと所得額がきまります。詳しくは、年未に貰う源泉徴収書を見てもらえばわかると思います。このように、給与所得には、かなりの額の経費が認められていますが、雑所得には、みとめられていないので、あなたが思って以上に小遣い稼ぎと思っていた収入が38万円を超える所得になってしまう可能性がたかいです。

スポンサードリンク



勿論、税務署も暇ではないので、38万をぎりぎりで超えるような場合まで調査しないといわれていますが、この辺りは、税務署次第なので、所得が38万円を超えたら確定申告をするのがあなたにとって正しい方法だと思います。税金については、知らなかったは通用しないのでくれぐれも要注意です。

更に、小遣い稼ぎのつもりで、何年も継続して所得がある場合、たまたま、税務調査がはいると追徴課税や重加算税を取られ、数十万円を支払うはめになるかもしれません。当然、小遣い稼ぎのつもりなので、多分、ネットで稼いだお金はほとんどなくなって可能性が高いと思います。

こんな事態を招かないためにも、単なる小遣い稼ぎで始めたつもりでも、年間の所得がいくらになるか、常に意識しておく必要が大切です!

税金は7年前までさかのぼって、調べ上げられますよ。

ご主人とあなたとの両方に税金が重くのしかかってくるのでくどいようですが、年間の所得が38万円をこえたら是非とも確定申告をしましょう。確定申告しても大幅に38万円をこえていなければ、税金はたいしたことはありません。それから、経費として計上する場合には、領収書は必須となります。交通費なども領収書を取得することも忘れずに(スイカなどを利用すると領収書がとれるようです)

さて、ここまでは、38万近辺の所得で雑所得扱いの税金の話をしてきました。次は、38万円を大幅に超える小遣い稼ぎになった場合の方法について説明していきたいと思います。

ネットで小遣い稼ぎの所得が38万円を超えそうな場合の対応

スポンサードリンク



-専業主婦の青色申告

Copyright© ネットで小遣いを稼ぎ、海外や国内旅行、趣味に活かそう , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.