主婦の小遣い稼ぎから脱却!青色申告で扶養継続!

さぁ、あなたは、個人事業開業届(⇒ネットで小遣い稼ぎの所得が38万円を超えそうな場合の対応)と青色申告承認申請書(⇒主婦の小遣い稼ぎから個人事業主へ独り立ち)を税務署に提出しました。ただ、それだけでは、あなたは、個人事業主とは言えません。開業届けに記載した開業日から青色申告のために帳簿をつける必要があります。開業日以前の所得は、白色申告扱いになるので注意が必要です。

青色申告を何故すすめるのか

青色申告をするとあなたの所得額(収入ではありません)から65万円の青色申告特別控除が認められるのです。つまり、あなたの所得の計算式は、次のようになります。

あなたの所得=収入ー経費ー65万円(青色申告特別控除)

ということは、あなたがご主人の扶養にはいることができる金額は、あなたの所得が103万円以下(38万円+65万円)までということになります。この65万円という青色申告特別控除額は、非常に重要ということがわかると思います。

スポンサードリンク



青色申告ソフトって何?

それならば、帳簿つけをしなければと思っても、どうしていいかわかりませんよね。でも、安心してください。最近は、青色申告のためのソフトが多数あって、ほとんどといっていいほど帳簿のことをしらなくても青色申告ソフトに従って、帳簿付けをしていけば、青色申告のための申請書類ができあがります。

おもな、青色申告のソフトとしては、弥生、MFクラウド、freeeなどです。使いやすさの点では、弥生でしょうか。

弥生には、パソコンにインストールして使用するタイプとオンラインで使用するタイプの2種類があります。他のソフトは、オンラインで使用するタイプです。また、サービスの内容によって、無料から年額1万円程度になっています。初心者の場合は、サービスが付いた商品が、おすすめですね。電話やメールによる質問を受け付けています。なかでも、弥生が幅広く質問に対応しています。

弥生の場合でオンラインの場合は、1年間無料で使用できます。ただ、サービスがついていません。サービスを付けた場合は、初年度だけ半額になっています。また、パソコンにインストールするタイプは、毎年ソフトを購入する必要があり、そのたびにデータの移行が必要になり、手間がかかるようです。新製品は、だいたい、確定申告の仕様が決まる10月頃だそうです。それまでは、旧版でデータを作成していく必要があります。この点を考慮するとオンラインのほうが楽かもしれません。オンラインの場合は、各ソフトとも年度をきにせずに使用することができます。金額的は、オンラインもパソコンにインストール版も同じです。勿論、サービス付きの場合ですが。

スポンサードリンク



弥生の場合、パソコンにインストール版は、一般に市販もされています。ただ、サービスを受けるためには、別途、サービスの契約が必要です。

MFクラウドは、制限がありますが、永久に無料というタイプもあります。ただし、サービスがついていません。

freeeは1ヶ月間無料となっています。

どれを選ぶかは、あなたしだいですが、試しに、無料サービスを使用して決めるのもいいかもしれません。ただ、電話やメールでのサービスがついていないので、注意が必要です。

スポンサードリンク



コメントを残す