個人事業主(アフィリエイト)の青色申告の経費のしわけ!事業用の商品を現金で購入した場合

あなたが個人事業を始めて、事業に必要とする物品を購入する場合には、二通りの方法が考えられますよね。

一つは、クレジットでの購入(⇒クレジットカードで購入した場合の帳簿付け

、二つ目は、現金での購入。勿論、いずれの場合も、あなたの事業に必要なものということは、忘れないで下さい。

今回は、現金でのものを購入した場合の例について説明していきます。

スポンサードリンク



MFクラウドで現金でものを購入

・ 1月20日に個人事業用のプリンターのインクを現金4,000円で購入

・ 1月21日に個人事業用のパソコンデータのバックアップ用にUSBメモリを現金3,000円で購入

プリンターインクもUSBメモリも経費としては、消耗品費になります。

MFクラウドでの2点の購入品の登録方法を下記にしめします。

 

・ 手動で仕分けを選択

すでに、事業用のプリンターインクは、登録してありますので、USBメモリの購入する場合について説明していきます。

このメニューの中の簡単入力を選択を選択します。

① 取引の内容・金額を選択

・ 支出から選ぶを選択

・ 現金を選択:今回は、現金での支払いなので、現金を選択します。

② 取引の内容・金額を選択

・ USBメモリは、備品・消耗品費なので、この項目を選択します。

・ 金額は、3,000円なので、3000と入力します。

③ 日付を選択

USBメモリを購入した日にちは、1月21日なので、1月21日を選択します。

④ 摘要、タグ・・・を選択

・ 摘要欄に、事業用のパソコンのためにUSBメモリを購入と記載します。

以上で現金でUSBメモリを購入した場合の帳簿付けは終わりです。

記載等に問題がなければ、登録をクリックします。クリックすると下記の画面が表示されます。

 

・ 上図の画面の下2行分に

- 1/20 -4,000 事業用のプリンターインクを購入 消耗品費を現金で支払ったと表示

- 1/21     ー3,000 事業用のパソコンのためにUSBメモリを購入 消耗品費を現金で支払ったと表示

以上で現金で、1月20日に個人事業用のプリンターのインクを現金4,000円で購入
及び、1月21日に個人事業用のパソコンデータのバックアップ用にUSBメモリを現金3,000円で購入した場合のMFクラウドでの帳簿付けが無事に終了しました。

スポンサードリンク




さて、今まで売上や物品の購入、元入金などをMFクラウドで帳簿つけしていました。

正しく記載されているか仕分帳で確認

① 元入金:事業開始資金

・ 借方勘定科目に現金100,000、普通預金400,000

・ 貸方勘定科目に元入金500,000

② 消耗品費

ー クレジットカードで購入したパソコンなど

・ 借方勘定科目に消耗品費と金額

・ 貸方勘定科目に未払金と金額

ー 現金で購入したプリンターインクなど

・ 借方勘定科目に消耗品費と金額

・ 貸方勘定科目に現金と金額

ー クレジットカードで購入したものの金額の引き落とし

・ 借方勘定科目に未払金と金額

・ 貸方勘定科目に普通預金と金額

ー グーグルアドセンスでの売上

・ 借方勘定科目に売掛金と金額

・ 貸方勘定科目に売上高と金額

 

以上のように借方と貸方の金額があっていることがわかります。

スポンサードリンク



コメントを残す