個人事業主(アフィリエイト)がネット収入で月3万、4万を超えてきた場合の知って得する65万円控除の税金と扶養対策!

ネットでの収入が月3万円、4万円なら税金の支払いが必要かも

あなたが、グーグルアドセンスで月々の収入が3万、4万ならせいぜい、小遣い稼ぎだから、税金なんて無関係だとおもっていませんか?

税金は、計算方法は、下記のようになっているので、あなたの場合、最悪税金の支払いとご主人の扶養からもはずれてしまうかもしれませんよ!

税金は、あなたの所得(1月1日から12月31日の1年間)が38万円を超えた分に対してかかってきます。勿論、あなたが、専業主婦の場合であれば、所得が38万円をこえているので、ご主人の扶養からもはずれてしまいます。

スポンサードリンク



ここで、収入と所得の違いを説明します。

      所得 = 収入 - 経費

・ 収入=あなたのグーグルアドセンスの売上高

 グーグルアドセンスの売上高は、月末の金額で振込金額とはちがいます。

 例えば、1月末の売上高が3,000円だと8,000円にみたないので、まだ、振り込まれませんよね。2月末の売上高が5,000円になると3月に8,000円が振り込まれます。3月末の売上高が10,000円だとします。

 このような場合、1月の売上高が3,000円、2月の売上高が5,000円になります。決して、1月の売上高が0円、2月の売上高が0円、振り込まれ月の金額8,000円が、3月の売上高ならないので注意が必要です。3月の売上高は、10,000円となります。

なぜ、このような方式になるかというと、

発生主義という考え方にのっとているからです

 発生主義というのは、事象が発生したながれの順に処理をしていく方法を言います。つまり、上記の例で説明すると1月の売上高が3,000円で、2月の売上高が5,000円、3月に8,000円振り込まれた、3月の売上高が10,000円と時系列に処理していく方法をいいます。

・ 経費とは

 あなたが、グーグルアドセンスの売上のために使用した費用をいいます。具体的には、パソコン代、サーバ代、ドメイン代、スマホ代、インターネット代、プロバイダー料金、ブログで紹介した商品代、講習代、書籍代、交通費などがあります。

 ただし、インタネット費用やスマホ代などのようにすべての金額が、グーグルアドセンスの売上のために使用したとは限りませんよね。何割かは、プライベートで使用したり、ご主人が使用したりしていますよね。このような場合は、あなたのグーグルアドセンスの売上に貢献した割合分(例えば、7割を使用)を経費として計算します。 

 以上で計算してみて、所得額が38万円を超えるかどうかで税金の支払いが必要か扶養から外れるかがきまります。

スポンサードリンク



 それでは、このような場合には、税金を支払うしかないのでしょうか?

 いえ、対応方法があります。あなたが、個人事業主になることです。

個人事業主になるためには

 個人事業主ってなんだか、難しいとおもってしまいますが、実は非常に簡単に個人事業主になることができます。

 個人事業主になると税金が安くなったり、ご主人の扶養のままでいられる(勿論、グーグルアドセンスの売上高がある金額以上になると扶養からはずれます)などのメリットがあります。

 個人事業主になるためには、税務署に下記の書類を二つ提出します。そのうえで、青色申告することが必要になります。

・ 個人事業の開業・廃業等届書

・ 所得税の青色申告承認書

 以上の二つの書類は、国税庁のホームページからダウンロードすることができます。

 あなたのようにグーグルアドセンスを中心にビジネスをしている場合の書き方は、それぞれ、下記のようになります。

個人事業の開業・廃業等届書

 基本的には、上図の記載してある部分のみ記載で十分です。

所得税の青色申告承認書

 上記の記載してある部分のみの記載で十分です。

税務署に提出する方法

 上記の二つの書類を税務署に提出するには、直接、税務署に持参する方法と郵送による方法があります。

 いずれの場合も、控え用をコピーして、税務署の受領印をもらうことを進めます。特に、郵送の場合は、記載内容に間違いがあると電話がかかってくるようですが、何の応答もなく、記載内容がまちがっていても特に税務署から対処しろとの連絡は無いようです。この場合は、青色申告承認申請書は、受理されていないことになるので注意が必要です。

 郵送の場合、各書類を二部と返信用封筒に82円切手とあなたの住所記載したものを同封して郵送します。切手代金は92円です。このようにして郵送すると1週間から10日間で受領印が押された、書類が返送されてきます。

 万が一、返送の封書が送られてこない場合は、税務署に電話して確認しましょう。実際、電話してみたことがありますが、丁寧な対応で、いつ封書が届いたかといつ返信用封書を送付したかを調べて答えてくれますよ。

 さて、青色申告承認申請書が受領されると青色申告のための帳簿付けが必要になります。

青色申告のメリットとは

 青色申告のメリットは、青色申告のための帳簿付けがひつようとなりますが、簡単に帳簿付けができる青色申告ソフトがあるので、これらを使用すると帳簿付けをしたことのないあなたでも簡単に帳簿付けをすることができます。ぜひ、青色申告ソフトを使用することをすすめます。具体的には、弥生やMFクラウド、freeeなどがあります。いずれも、無料だったり、無料期間があるので、試してから決めるのもよいかと思います

 さて、青色申告をすると貴女の所得から青色申告特別控除額650,000円をうけることができます。これをあなたの所得にあてはめると下記のようになります。

所得 = 収入 - 経費 - 650,000

つまり、あなたが、税金を納めたり、扶養を継続したりできる範囲が103万以内(38万+65万)ということになります。

 勿論、この額を超えたら、税金を納める必要もありますし、扶養から外れることになりますが、この金額以上の所得があるということは、あなたは、十分、個人事業として十分な所得があるという風にとらえることもできますよね。

最後に、是非とも青色申告に挑戦して、税金のメリットを生かしてみませんか!

 スポンサードリンク



 

 

 

 

コメントを残す