個人事業主(アフィリエイト)が初めての青色申告ソフトで使うオンラインソフトとしては、弥生がおすすめ!

いざ、あなたが、個人事業の開業・廃業等届出書

 

と青色申告承認申請書

を税務署に提出して、個人事業主になってみたものの、次にどうしてよいか,右往左往していませんか!

個人事業主として初めての青色申告!

なんとなく、難しいそうで気が重くなっていませんか!当然ですよね。簿記すらもしらないのに、複式簿記って!それ、何?加えて、帳簿付けだの、仕分けだの、しまいには、借方、貸方、さっぱりわからない。こんな状態で、青色申告ができるのかと心配になってきますよね。

スポンサードリンク



そこであなたをサポートするのが青色申告ソフト!

ここで、また、難問にぶち当たりますよね。青色申告ソフトって言われても、使用した経験もないし、そのソフトが、どのように、ソフト初心者に優しいのかもわからないし、青色申告ソフトにどんな種類があるかも知らないし、しらないことばかりで、途方に暮れてしまいますよね。

・ 青色申告ソフトの特徴

まったく、簿記を知らなくてもできるわけではなく、ある程度の知識は必要です。ただ、純粋の簿記を知っている必要はないし、ソフトを使用しているうちに、簿記の知識が身についてきます。使って慣れろです。

・ 青色申告ソフトには、どんな種類があるの?

青色申告ソフトには、弥生、MFクラウド、freeeなどがあります。それぞれソフトとしては、違いがありますが、できるだけ、簿記じゃない言葉で帳簿付けができるようになっています。勿論、簿記を知っている方向きの帳簿付けの方法も用意されています。

・ 値段

値段的には、大体、サポート付きで年1万円前後です。

・ 動作形態

弥生

 パソコンにインストールするタイプとオンライン版があります。インストール版は、市販されています。アマゾンやビッグカメラなどで売っています。
スポンサードリンク



 パソコンにインストールタイプには、サポートはついていません。別途サポートを付ける必要があります。また、パソコンにインストールタイプは、毎年10月ごろにでる新バージョンへのデータの移行が必要になります。なぜ、10月ごろに新版がでるかというと、毎年、確定申告の形式が決まるのが、10月ごろだそうです、基本的に、確定申告の形式は、毎年、変わるようです。

 当然ですが、オンライン版や他社の青色申告ソフトも10月までは、旧版を使用して、帳簿付けを行っていきます。

オンライン版のメリットは、データの移行が不要なことです。

MFクラウドとfreeeはオンラインのみのサポートです。

・ サポート

- 弥生が、ソフトに関するサポートに加えて、簿記関連のサポートをしています。この点で、青色申告初心者とソフト初心者むきといえます。

- MFクラウド、freeeは、基本的に、ソフトに対するサポートが中心で、簿記関連のサポートは、少ないようです。

 いずれも、初めての青色申告をする場合には、サポート付きのソフトを選択しましょう。必ずと言っていいほど、帳簿付けを行っていると迷うことが出てきます。質問や電話での相談ができるのは、便利です。特に、弥生の質もに対する応答は、早いです。

・ 無料期間が設けられている

 いずれのソフトも無料期間が設けられています。ただし、質問などのサポートはついていません。無料期間をうまく利用して、青色申告ソフトを選ぶのも良いかもしれません。ただ、簿記の知識がないと難しいかもしれません。わからないことをネットで調べることもできますが、時間がかかります。できれば、時間は、個人事業のビジネスにつかいたいですよね。

具体的に初心者向きのソフトは

あなたのように初めて青色申告をするひとは、弥生がおすすめです。見比べてみるとわかりますが、帳簿付けた後の表示内容が普通の会話言葉のように非常にわかりやすいです。他のソフトもそれなりにわかりやすいですが、英語の直訳的な言葉に近く、簿記用語に近いです。

・ 実際の弥生オンラインの申し込み方法

パソコンへのインストール版

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

やよいの青色申告 18 通常版 弥生 ※パッケージ版【返品種別B】
価格:10680円(税込、送料無料) (2018/2/18時点)

 

とオンライン版がありますが、つかいがっての良さ、どのパソコンでもつかえるし、データの保全が必要ないオンライン版がおすすめです。基本的には、値段は同じですが、初めて弥生のオンラインソフトを使う場合で、サポートつきは、半額になっています。

 青色申告ソフトの種類を選択します。できれば、オンラインのサポート付きを選びましょう。オンライン版のサポートを選択した後は、住所、名前、個人事業名など必要な項目を記入するだけで使用可能になります。

 スポンサードリンク



 

 

 

 

コメントを残す