横浜線、新横、隠れた桜の名所、富士山との調和に感動!

新横に務めているサラリーマンは、必見ですよ!新横駅で降りて、まっすぐにかいしゃなんてもったない。これから季節もはるになってきて、桜のつぼみも膨らんできます。桜の名所は、どこにでもありますが、朝の通勤時間帯のだれもいないとき、桜をつぼみの時から、独り占めできる場所といったら、ここしかないでしょう。

朝、20分早起きしてみましょう!健康にも、散歩もでき、一挙3得になるかもしれません。


スポンサードリンク

 

・ 散歩ルートを紹介しましょう!

新横駅をおりて、横浜線沿いに歩いていきます。本当に、線路沿いです。

運が良ければ、遠くに雪をかぶった富士山が鮮明にみえます。富士山が見えると一日中、気分が、晴れやかにすごせるので、これだけでも、非常に得した気分になります。すれ違う人は、新横に急ぎ足で向かうひとです。そんな急ぎ足の人を観察するのも面白いです。

あなたは、優雅に、通勤の合間をぬって、あさの散策を満喫してください。十分これだけでも、気分がいいものです。

さて、この横浜線沿いを10分ほど歩くと、突然、緑の多い自然が、めにはいってきます。向こうには日産スタジアムが見えます。

2月半ばごろからつぼみをつけてきます。そして、3月に入るころになると赤みがつぼみに見え始めてきます。そこからは、中々、つぼみは大きくなりませんが、周りの木々にも緑の芽が出始めてきて、もうすぐ、春なのかと思うようになってきます。

桜の木そのものは、それほど、年数がたっていないものが多いように思えます。手に届くような桜の木々もあります。勿論、年齢が言っていて大木もありますが、年齢の若木のほうが、つぼみが、身近にみられて、感慨深い気がします。

スポンサードリンク



場所的には、川を挟んで、川の両側に桜の木々が植えられていますが、新横側のほうが、本数も多いし、一見公園らしく感じられます。公園のように、低木の木々の間に、木で作られた道のようなものもあります。

横浜線がわから、川沿いに歩いていくとゆっくりで、15分ぐらいでしょうか。それほどの距離はありません。15分ほど歩くとグランドなどもあり、桜並木が途切れてしまいます。また、済生会の病院関係者でしょうか、多くの通勤する人にすれちがいはじめ、都会の喧騒うかなっておもいます。通勤している人たちは、わき目も降らずに歩いていて、もったいない気がします。

毎日毎日、桜のつぼみと木々の緑の成長を感じているとすごく幸せな気分になれます。中々桜が咲かない、つぼみの状態もかなり、美しいと思います。つぼみを包む緑とピンクの色合いが、自然の感動をあたえてくれます。

いよいよ4月になって桜の開花

待ちに待った、桜の開花がちらほら見えるようになってきます。この時に感じることは、一輪のさくらのかいかでしょうか。一輪だけというのが、風情があって、いいものです。そした、桜の開花もまばらになってくると、それほどの感動はありません。

いよいよ八分ぐらい咲き誇ると、この景観はすばらしいです。このころになると、散歩する人や通勤の人も少しは景観を楽しむようになってきます。

勿論、すべての桜が、八部咲きになるわけではないので、しばらくの期間は、桜の開花を満喫できます。八部咲きから、まんかいまでは、やはり早いですね。そして、いつの間にか散り始め、緑の葉が混じってきます。

先ほど述べた川向こうの桜は、まだ、木々が若いのと本数が少ないためか、それほど圧巻ではありません。川は、歩道が整備されていて、きれいですが、都会の川ということもあって、きれいではないのが、残念です。川に腰を下ろして、桜を鑑賞できたら、最高だと思うのですが、こればかりは、人間が、川を汚してしまった報いなので仕方ありません。

最後に、会社勤めの人は、特に、働きづくめで、気の休まる日もないと思います。少しだけ早起きをして、自然の変化を楽しんでみてはいかがでしょうか!

一日にのはじまりの心の安らぎをえて、仕事に打ち込むというライフスタイルは非常に健康的だと思います!

スポンサードリンク



コメントを残す