自転車保険 義務化?わが子と子供と家族と高齢者との交通事故のために、加入必須!おすすめは三井住友海上保険

自転車での事故が,急増していると報道で聞いたことがあると思います。あなたも無関係では、ありませんよ。あなたが、自転車を運転する限り、あなたが事故をおこしたり、あなたの家族、特に、子供が自転車の事故加害者になることもあります。

子どもが事故をおこしても、親に責任がふりかかってくる!

自転車による加害者の事故があなたの子供でも、訴えられることがあります。万が一、事故により、相手が重症であったり、死亡したりするような事故を子供が引き起こすとその責任は、子供の親にのしかかってきます。

具体的な事例でも、1億円の支払いを命じられたこともあるようです。このような場合には、当然、支払うことがほぼ不可能になり、自己破産するしかないです。

スポンサードリンク



わたしが、住んでいる横浜は、坂道が多く、かつ、急であるのがほとんどです。時々ですが、わたしが、坂道を歩いて登っていくと小学生の子供が、自転車で猛スピードで降りてくることもしばしばです。本当に、ぶつかったら、大けがをするのではないかと何度も思いました。

小学生は、まだ、子供ですから、事故をおこすかどうかの判断ができていないと思います。だから、子供にいくら、スピードをださないようにと注意していても、難しいと思います。

また、わたしが、通る道の交差点付近で信号待ちをしている人たちが、いっぱいいるにもかかわらず、もうスピードで自転車をこいでいる中年の女性もいて、本当に、ぶつかりそうになったこともあります。だから、スピードを出すのは、子供だけではなく、女性も多いです。男性もたまには、スピードを出している人もいますが、それほど多くはないです。

このようにスピードをだすひとたちは、事故のことをまったく、考えていないと思います。さすがに、スマホをみながら自転車を運転している人はみかけたことがありませんが、報道では、重大事故を起こした女子高校生の場合には、相手が死亡してしまったということもありました。たかが、自転車でと思いますが、スピードをだしていなくても、年寄などの場合には、ぶつかって、倒れ、打ちどころが悪い場合などに最悪の事態が発生するということかもしれません!




スポンサードリンク

それほど、自転車は、危険な乗り物と理解すべきです。勿論、車も危険ですが、自転車は、歩道も走りますし、交差点の信号無しもあります。事故の危険率は、非常に高くなっています。

絶対、あなたは、大丈夫と思っていてもあなたの家族が事故を起こしてしまったら、大変なことになってしまいます。自転車の事故にあわないことや加害者にならないことは、非常に重要です。しかし、車の事故ほどではないにせよ、事故に巻き込まれたり、加害者になる可能性があります。

特に、交差点での事故には、注意が必要です。

そして、あなたの子供がおこす事故に注意が必要です。

今一度、家族で自転車の事故について家族で話あってみるのもよいかも

あなたの子供には、絶対に、スピードを出さないこと、歩道をはしるときは、人がいたら、スピードをおとすことなど、くどいほど注意したほうがよいでしょう。

勿論、あなた自身も同様なことを守る必要があります。

事故をおこしてしまったら、とりかえしがつかなくなりますよ!

しかし、事故はおきるものそのための対策とは!

最近では、自転車の事故が増加というか深刻な事故で訴えられてという事象が増加してきているので、各保険メーカーが自転車に関する保険を発売しています。

特に、三井住友生命は、一番早く、自転車保険のサービスを開始しているようです。自転車保険の特徴は、保険者本人が事故にあった場合には、保証してくれるようになっています。特に、同居の家族が事故の加害者の場合に保険を支払ってくれます。相手側に対しては、同居の家族が起こした事故に対して3億円以内を支払ってくれるようになっています。

それ以外にも楽天も自転車保険を扱っています。併せて検討してみてください!

 

事故を起こさないことが、肝心ですが、それでも事故はおきてしまいます。

このようなためにも、自転車保険に加入を勧めます。ぜひ、検討しましょう!

スポンサードリンク



コメントを残す