収入のある家族(主婦)を扶養にするための条件:確定申告(青色申告)も一考!

あなたが、ご主人の扶養になっていられる条件ってしっていますか?

・ 基本的な国税の原則

基本的には、あなたの所得(収入ではありませんし、収入は、最近では、ネットで簡単に小遣い稼ぎ程度なら稼げてしまうこともめずらしことではありません。当然、これらの収入も所得として計算されますので、注意が必要です)が38万円以内なら問題なく、扶養にはいることができます。

また、38万円いないなら、確定申告の必要もありません。確定申告というとびっくりしますが、38万以上の所得がある場合には、かならず、確定申告が必要です。

さて、38万円以内の所得に抑えている限りは、確定申告も不要で、扶養のままでいることができます。
スポンサードリンク




あなたの所得が38万円を超えてきたらどうするのか?

まず、確定申告の義務が発生します。

金額が微妙だと思って、確定申告をしないと税務署からの問い合わせがきますよ。税務署は、最近、ネットでのビジネスに目を光らせているようです。

あなたの収入が、増加傾向にあると注目されると徹底的に、監視を続けていくようです。そして、ある時点で、かなりの収入があると判断するとあなたえの問い合わせという形で税務調査が行われます。

税務調査は、徹底的におこなわれ、拒否権などもありませんので、基本的に洗いざらい、調べらます。勿論、すべての人を対象に実施できるわけではありませんので、全然来ないと思って安心していると突然、問い合わせがくるかもしれませんよ。

扶養継続の対策があります

あなたの扶養を継続したいと思っているなら、方法があります。

それは、あなたが、個人事業主になることです。個人事業主という名前は、少し、仰々しい感じがしますが、実際は、あなたが、いわば、経営者になってしまうということです。勿論、本格的な経営をするわけではありません。

実際には、青色申告という確定申告をするだけです。確定申告などしたことがない。というあなたでも、簡単に確定申告できます。更に、青色申告って聞いたこともないかもしれません。それでも、大丈夫ですよ。

個人事業主が青色申告するための青色申告ソフトがあるんですよね。このソフトは、初心者が使いやすいように工夫されていて、それほど、難しいくはないんです。

それと、このソフトを使い込むほど言葉など次第に覚えてくるので、一度、理解さえしてしまえば、基本的には、毎月の繰り返しになるので、それほど、恐れることはないですね。

では、個人事業主ってどうやるのって思いますよね

基本は、二つの書類を税務署に届けるか郵送するだけで個人事業主になれてしまいます。二つの書類とは、個人事業の開業・廃業等届出書と青色申告承認申請書

です。記載内容は、基本的に、入力した部分のみでOKです。

税務署にこの二点と控えようにコピーをとって、そのコピーにも受領印をおしてもらい、これを保存しておくと良いですよ。
スポンサードリンク




勿論、これだけでは、あなたが、ご主人の扶養を継続できるわけではありません。先ほど述べた青色申告が必要になります。

青色申告の方法

いきなりで、難しいとおもってしまいますが、基本的に、複式簿記を使います。青色申告承認申請書にも複式簿記と記載したと思います。この複式簿記をしようしないと扶養のためのメリットを受けられません。

何故かというと、この青色申告には、青色申告特別控除額65万円というのがあります。この控除額は、あなたの所得を65万円減額することができるというしろもので、かなり大きなメリットといえるでしょう。

つまり、あなたの所得額が38万円+65万円以内であれば、あなたのご主人の扶養のままでいられるということです。勿論、この額を超えてしまえば、当然のことですが、扶養からはずれます。でも、よく考えてみてください、あなたの所得が103万円を超えるということは、かなりの収入があるということになります。つまり、ある意味、独立ができるレベルに達しているということにもつながるので、非常に喜ばしいことと思ってください。

さて、所得と収入の違いは!

所得って何だと思いますか?

収入ではないんですよ!

所得 = 収入 - 経費

経費とは、あなたが収入を得るために使った費用のことをいいます。費用は数多くあるので、簡単な例をしめすとインタネット費用やプロバイダー料金は、必ず必要ですよね。これらが経費なんですよ。ほかにも、新規にパソコンを購入したなど、とにかく、あなたが、ネットなどで収入を得るために使ったものは、基本的に費用になります。このような費用は、必ず、領収書をもらって保管しておいてください。このほかにも、交通費やスマホ代なども経費として扱うことができます。

スポンサードリンク



コメントを残す