反射式天体望遠鏡で星座観察!ドブソニアン!コスパの良さ

冬の夜空を会社などの帰りに見上げると天気の良い日は、星座が輝いていて、もっと、鮮明にみたいなって思ったことがありませんか?星座観察は、それほど難しくありません。天体望遠鏡の種類は二種類あります。

・ 屈折式天体望遠鏡

・ 反射式天体望遠鏡

1) 屈折式天体望遠鏡の特徴

屈折式天体望遠鏡は、星座や惑星を直接見るタイプの望遠鏡です。例えば、冬の夜空の南の真上あたりに明るく輝いているのが木星です。都会の明るさでも、すぐにわかると思います。木星は、四つの衛星があることで有名です。勿論、これを肉眼では見ることができません。しかし、天体望遠鏡では、簡単に、みることができます。屈折式天体望遠鏡は、非常に人気のビクセンの下記の商品があります。一番の初心者向けには、最適と言われている屈折式天体望遠鏡です。

スポンサードリンク



 

・ 値段のわりに性能も操作性も抜群の商品です。

2) 反射式天体望遠鏡の特徴

反射式天体望遠鏡は、文字通り、星座の光を凹上になった鏡面に集めて、この光を反射させて、目元のレンズで見る方式です。このため、見たい星座の方向と目元のレンズの位置が違うので、多少、使いづらい面があります。

しかし、屈折式天体望遠鏡に比べて反射式天体望遠鏡は、大きさに制限がないので、世界中の大半の天体望遠鏡は、反射式です。反射式天体望遠鏡には、大きく分けて2種類の形態があります。

・ 三脚に反射式天体望遠鏡を載せてみる方式

・ ドブソニアンと呼ばれている、鏡台と天体望遠鏡が一体化している望遠鏡

① 三脚に反射式天体望遠鏡を載せてみる方式

この反射式天体望遠鏡は、三脚の上に赤道儀と呼ばれる星座の方向(上下と左右)に合わせる装置で、その赤道儀に反射式天体望遠鏡を載せて、星座を観察します。

・ コストが高く、重量もかなりなものになります。

まず、コストが高いです。勿論、2万円代で購入できるものもありますが、解像度が低く、星座の映像は、鮮明ではなく、がっかりします。

そこそこの解像度を求めていくと、数十万と非常に高価です。

スポンサードリンク



更に、口径が大きくなるにしたがって、鏡面の重さがおもくなり、持ち運びには苦労します。しかも、反射式天体望遠鏡の口径がおおきくなるにつれて、三脚もかなり、頑丈なものがひつようになります。そのため、三脚の重さもかなりなものになります。

具体的に赤道儀だけの商品です。

 

これだけで、この値段になります。どれぐらい高いかが分かると思います。

仕様等

◆赤道儀と経緯台が合体した、新しいタイプの架台

◆赤道儀モード・経緯台モード、それぞれに合ったシーンで使用できます

◆搭載重量は約20kgと大型の機材の搭載も可能。従来の45mm幅レール以外にも、75mm幅の大型レールにも対応し、より安定した運用ができるようになりました

◆ステッピングモーターを内蔵
ステッピングモーターとマイクロステップ回路を内蔵し、高精度な追尾を実現。モーター取り付けのわずらわしさもありません。

◆40000個以上の天体を記憶した「SynScan」システム
「SynScan」システムの登録天体は、惑星はもちろん、メシエ天体、NGC、IC天体も網羅。また、市販のプラネタリウムソフトをインストールしたパソコンと連動させることも可能です

◆ウエイト軸を内蔵
ウエイト軸はマウントに内蔵されており、ワンタッチで引き出し可能。わずらわしい取り付け作業は不要です。

◆高い安定性を誇る三脚
マウントを支える三脚にはステンレスパイプを使用。眼視観測時のみならず、特に写真撮影の際には威力を発揮します。

◆対応ソフト(2013年8月現在)
「Super Star  」Seedsbox、「ステラナビゲータVer.9」アストロアーツ

■ 仕様 ■
形式:両軸モータードライブ搭載、天体自動導入ドイツ式赤道儀&経緯台(Dual Model)
赤経ウォームホイル歯数:180枚
赤緯ウォームホイル歯数:180枚
駆動モーター:ハイブリットステッピングモーター(ステップ角1.8度)
駆動速度:対恒星時 最高1008倍速(10段階で設定可能)
追尾モード:恒星時、月、太陽の3モード
記憶天体数:約42000個(メシエ天体すべてとユーザー設定25個を含む)
耐荷重:約20kg (SE250N CRまで搭載可能)
緯度調整範囲:10~75度、90度
方位角調整範囲:±9度
三脚:2インチステンレスパイプ伸縮式
電源:DC12V 4A
高さ(赤道儀本体):425mm
質量(赤道儀本体):15.4kg(ウエイトを含まず)
高さ(三脚):835~1160mm
質量(三脚):7.5kg
ウエイトシャフト:シャフト径25mm 長さ202mm(150mm延長シャフト付属)
付属品:ハンドコントローラー、PC接続ケーブル(RS-232C)、ACアダプター(12V 4A)シガーソケット電源コード、バランスウェイト 5kg ×2、ウエイトシャフト取付用アリ溝プレート

この赤道儀に反射式天体望遠鏡を載せて星座をみるわけです。

このタイプは、自動追尾型なので、一度セッティングすると自動的にその星座を追尾していきます。このために、価格も高くなっています。

自動追尾タイプだと写真撮影もでき、楽しみ方も広がります。実像を直接見るのと写真をみるのとでは、色合いがちがいます。特に、星雲をみると写真のほうが、色がついて、非常に綺麗です。

 

② ドブソニアン天体望遠鏡

ドブソニアンの形態は、ちょっと普通の望遠鏡とは、形が変わっています。具体的には、下記のような形態です。

 

 

上図のように、筐体が、台座の上に乗っかる形です。このため、星座の方向に自由自在に動かすことができるので、非常に楽に星座の方向に鏡筒を向けることができます。

また、台座と反射式天体望遠鏡がセットになっているので、三脚なども必要ありません。

一般的に、台座と鏡筒は分離できるので、ある程度は持ち運びも便利です。とはいっても、このタイプは300mmもあるので鏡筒だけでもかなりの重量です。

仕様は下記のようになっています。

天体望遠鏡の種類:反射式
対物レンズ/主鏡有効径:305mm
焦点距離:1500mm
極限等級:14.16等星
F値:4.9
集光力:1898.4倍
分解能:0.38秒
ファインダー:9倍 50mm
サイズ
鏡筒:外径450mm×長さ920mm
台座:H632mm×W740mm
重量
鏡筒:21kg
台座:18.5kg
接眼部サイズ:31.7mm、50.8mm
付属品:9×50mmファインダー、31.7mm用アダプター、プローセルアイピース(PL10mm・PL25mm)

以上のように重いには、重いですが、口径が300mmというのは、実際に、覗いてみると鮮明さと光り輝く星座に感激してしまいます。木星の衛星や土星のリング、火星の赤茶けた色合いなども鮮明に見えました。

いつまでも、見続けても飽きないですね!ぜひ安価なドブソニアン天体望遠鏡を購入して、星座観測を楽しんでみませんか!

スポンサードリンク



コメントを残す