金沢観光

北陸新幹線!金沢観光!加賀百万石の重厚さと市民の台所とは!

投稿日:2018年2月23日 更新日:

金沢市民の台所!近江町市場

金沢での旬の魚を食べたい思えば、金沢駅から徒歩10分圏内にある金沢市民の台所と呼ばれている近江町市場があります。

東京のアメ横ほどではありませんが、北陸近海でとれた魚介類が豊富に取り揃えられています。

特に、この近江町市場の甘えびは、非常においしいです。あまさが、口中に広がる甘さで、この甘さは他の場所の甘えびでは、味あうことができないと思います。是非、金沢観光の思い出に、試食でもいいので味わってください。

スポンサードリンク



この通りは、道の両側に店が並び、長さ的には300mぐらいでしょうか。それほど長い感じはしませんが、毎日訪れる人は多いので、常に賑わっています。この賑わいは、昔からかわりませんが、最近は、観光客のほうが多いのでしょうか。金沢市民は少なくなってきたかもしれません。

多少、観光名所になったので仕方がないのかもしれませんね。

忍者寺

以前は、忍者寺という名の寺があるというぐらいでしか、有名ではなかったのですが、今では、観光地の名称として外せなくなって、本当にすごい人でです。予約も必要になっていますが、それでも、凄い人数で、流れ作業的に集団で案内されます。ゆっくりと味わいながらの観光には適していません。

忍者寺と呼ばれる背景は、百万石の城主であった前田利家のころに、徳川勢が攻め込んできたときの逃げ場所であったとか。今は、もうなくなっているそうですが、この寺から、金沢のお城まで地下でつながっていたとか。真意のほどはわかっていない。このために、寺の随所に隠れ場所や、一筋縄ではいけなかったりと色々な工夫がなされていたために、いつしか忍者寺と呼ばれるように。

あくまで、忍者がいたわけではないそうです。

集団での観光となりますが、かなり驚きと工夫の素晴らしさに感動すると思います。ぜひ、おとずれてみては、いかがでしょうか!金沢駅から繁華街を抜けてバスで20分ぐらいだと思います。このあたりは、町名に、寺町とついているので、本当に寺が多いです。寺町としては、5丁目まであるので、相当な数だと思います。いぜんは、今もあるかもしれませんが、寺町の塀を突き破るほどの大木がありました。その当時でも、直径は3以上あったような気がします。

スポンサードリンク



余裕があったら、この寺町を散策するのも良いかもしれません。ただ、道路が緩やかな登り道になっているのとお寺自身は、解放されていないので、注意が必要です。

西の茶屋街

忍者寺と総距離が離れていない場所に、西の茶屋街が、多分、移設されたのだと思います。非常に綺麗な街並みに仕上がっているし、まだ、新しいという感じがします。

このことは、西の茶屋街が、移設され、昔の格子の名残を再現しているのではないかと思います。はっきりは、しませんせんが、昔は、犀川大橋を渡ったところにあったようなきがします。ただ、その辺りは、飲み屋街だったので、いったことがないので、実際に、そこに、西の茶屋街があったのかどうかは、確認できていません。

今の新しい西の茶屋街は、本当に綺麗で、完全に観光地化されています。格子も真新しい感じがします。ただ、何軒かが格子を連ねているので、昔の面影はあるかと思います。

本当の格子が連なる歴史を重ねた小京都というとやはり、東の茶屋街でしょうか。こちらの、格子は、相当に歴史を感じますし、小京都といってもおかしくないとおもいます。

ただ、西の茶屋街と東の茶屋街とでは相当距離がはなれているので、両方とも観光するのは一日では無理かもしれません。

金沢では、お茶が盛んです。お茶は裏千家で、お茶をやる人は多いと思います。お茶が盛んなためか、当然の事ですが、お茶菓子がお土産として有名です。

どんなお茶菓子かというと、砂糖がしのようにまわりにこなのようなものをふりまいてある割と固いお茶菓子で、必ず、お茶の席でだされるそうです。

お土産としてどこにでも売っていますが、正直、おいしいお茶菓子ではありません。ただ、お茶と一緒に食べたことがないので、お茶のしぶみとあうのかもしれませんね。

形的にも、種類も豊富で、食べるというより、見て楽しむのもいいのかなって思うほどです。だから、お土産に購入するのも良いかもしれません。このお茶菓子は、らくがんとよばれています。固くて甘いなんとも表現しにくい味です。ただ、多くは食べられないと思います。試食用もおいてあると思いますので、一度、試食するのもいいかもしれませんね。

このお茶がさかんなことと茶屋街は、多少の関係はあるかもしれませんが、実際は全く違います。勿論、今では、東の茶屋街は高級料亭になっていますので、昔とは全然違います。

スポンサードリンク



まとめ

以上のように、金沢の観光の一部だけを紹介しましたが、本当に一部です。このほかにも、観光する場所はいっぱあいあるので、やはり、ある程度を見て回るつもりであれば、数泊はしたほうが効率がいいかもしれませんね。自然も豊ですし、その中にも都会的な要素もあるという金沢です。是非、一度は訪問して、小京都といわれる金沢の観光や食文化を味わってみてください。

 

-金沢観光

Copyright© ネットで小遣いを稼ぎ、海外や国内旅行、趣味に活かそう , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.