2018年 桜 開花状況!小田原城の桜は、ギリギリで31日(土曜日)までもつかも!

今日(3月27日)の小田原城の桜の開花状況

小田原駅沿を大阪方面に沿って、北門の入り口から入ってみた桜の状況は、満開の桜が、大半を占めていたが、よく見るとまだ、つぼみの桜も垣間見えて、すべての桜が満開という状況ではなさそうです。天気は、小田原は、水,木と暖かい日が続きますが、東京や横浜と違って、多少は、気温も低いので、すべての桜が、満開になるには、土曜日までもちこたえるかもしれません。

スポンサードリンク



下の桜が、北入り口を入ってすぐのところの桜の開花状況で、すべてが,満開になっていないことが分かると思います。この辺の桜は、七部咲きといった感じです。この通りは、満開になると、すごい見ごたえがあります!お城の正面入り口から、入らないで、見るというのが、桜の良さを感じる一番のところと思います。是非、こちらの入り口から入ることも一考かとおもいます。

下図は、小田原城の全体の地図です。

このさくらは、ほぼ満開にちかいですが、北の入り口から登ってきたところです。

出店もあってびっくり

北の入り口から登ってきて、お城の広場にでると出店が、5軒ほど店舗ひろげていました。平日だから、お店は出ていないと思っていましたが、予想外に出店があって、びっくりです。今週末の出店は、もっと増えるかもしれません。

それと、もう一つビックリしたのが、平日にもかかわらず、人出の多いことでした。休日は、人出でごった返していましたが、平日の人での多さには、驚きでした。また、欧米からの観光客もバスできているようで、小田原城の花見も国際色豊かになったものだと感慨深いものがあります。勿論、中国人の観光客も普通にいました。

 

スポンサードリンク



小田原城の桜は、さくら名所100選になっているようでびっくりです。

下の桜は、正面入り口を逆にきたところ

ここの桜の見どころは、正面入り口から、鑑賞するよりも、逆側から見たほうが、非常に綺麗です。まだ、今回は、満開になっていないので、驚くほどの綺麗さはありませんが、満開になったときは、桜の回廊が続いているようで、感激します。あと、少し、残念なのが、多少、桜の木を伐採しているようで、以前に比べて、美しさに迫力がかけるようです。

下の桜は、お堀に映える桜を撮ったものです。左手に見える方角にお堀が広がっていて、そのお堀沿いに桜並木となっています。しかし、こちらの桜は、まだ、5分咲きぐらいのいめーじです。このお堀沿いに、休日は、人出でごった返します。勿論、正面の入り口に入るのに数十分程度だと思います。小田原にしては、すごい人でという感じがします。

 

有名な藤棚

こちらは、桜とは、関係ありませんが、非常に有名な藤棚です。5月ごろに咲きしだれる藤の花の美しさは、表現のしようがありません。こちらも、小田原に観光に来た際は、ぜひとも、見てほしいものです。一見の価値は、十分すぎるほどあります。


スポンサードリンク



まとめ

小田原城の桜は、すべてが満開になっていないので、もしかしたら、今週末に見ごろを迎えるかもしれません。一般のコースと逆にたどりながら、桜の美しさを観賞するのが、いいと思います。逆コースなので、多少の人込みは、緩和されると思います。そして、いつもと違った満開の桜を見て、その美しさに見とれてみてください。こんかいは、見どころのポイントを中心に紹介しています。

小田原城は、小田原駅から、徒歩で10分ぐらいの距離です。人込みで、ゆったりとした桜の鑑賞ができないかもしれませんが、心の洗濯に是非立ち寄ってみてください。

他に桜の名所としては、金沢の夜桜(⇒金沢の兼六園の夜桜は、感動するほど美しい!)は素晴らしく、感動しますよ。今、金沢に観光に来ているならば、是非立ち寄ってみてください。

コメントを残す