海外旅行で料理のオーダーができるようになるおすすめの英会話教材とは!

海外旅行に十数回もいったのに、ハワイでは全く英語が話せず

初めての家族づれでの海外旅行

25年以上前のことになります。一生に一度ぐらいは、子供たちをつれて海外旅行にいってみたいと思い、旅行地としては、その当時から人気のでていたオーストラリアを選択しました。

・ 7泊8日の海外旅行!

英語など全く話せる自信はありませんでしたが、若かったためもあり、何とかなるとの思いで、7泊8日のオーストラリアに向けて旅行にでかけました。勿論、その当時は、テロなどということもなく、オーストラリアは比較的安全な国ということでした。

・ 緊張の出入国

海外へいくのは、はじめての経験なので、あなたも経験したこともあるかと思いますが。

出国手続きから飛行機(多分、JAL)にのるまで、緊張の連続だったのを覚えています。そしてオーストラリアでの入国手続き、一応、子供たちと一緒だったことからか、質問は、入国の理由しか聞かれなかった。ここは、事前に準備していたsightseeingと答えただけで無事入国。

・ 片言の英会話で問題なし

オーストラリア観光地は、あなたもよく知っているグレートバリアリーフの最北端に位置するゴールドコースト、オペラハウスのあるシドニーと回りました。

その間、ホテルやショップ、食事には、日本人の店員がいたりして、特に、英語は、必要なく、無事、帰宅まで、ほぼ、片言の英語と日本語で十分通用。

その後の海外旅行では、英会話がほぼ必要なし!

これを機に、オーストラリアに4回、グアムに5回、サイパンに1回など、いずれの旅行にも片言の英語と日本語だけで問題なくショッピングや食事に困ることはありませんでした。

勿論、食事は、大抵、フードコートを利用していたといこともあります。特に、グアムなどは、あなたも知っているかもしれませんが、観光地としても有名なショッピングモール内に大きなフードコートがあり、英会話は、ほぼ必要ありませんでした。

ハワイへの旅行では英会話が必須!

これらの経験から海外旅行に自信をもつようになり、初めて、人気のあるハワイを旅行先に選びました。

・ 片言の英語では、通用せず

ショッピングでは、特に、困ることはありませんでしたが、食事については、かなり、片言の英語では大変だということがわかりました。

いつもフードコートばかりで食事をしていたので、そろそろ飽きていたこともあり、ホテルのちかくにある普通のレストランに入ってみました。

すると、いきなり、英語でかかれたメニューがおかれ、そのメニューをみても、全く、なんの料理かさっぱりわかりませんでした。

・ 知っている英語を駆使し四苦八苦

とりあえず、知っている単語を見つけ、これでいいんじゃないかののりで決めて、これを下さいって指をさして注文しました。

これでOKかと思っていると英語で色々質問され始め、何を言っているのかわからず、取り敢えず、すべてにイエス、イエスとしか答えるしかありませんでした。

出されてきた料理には特に問題はありませんでしたが、初めて、英会話力が必要だと痛切に感じ、悔しい思いをしました。

やはり、海外の地元との人と交流するには、英会話力は必須

帰国してからは、もう、ハワイで味わった英会話ができない苦い経験は、すっかり忘れてしまい、特に、英会話を勉強することもなくすごしていました。

その当時は、NOVAの英会話教室は有名で、必ず、駅そばにありました。ただ、通うには時間がかかるのと費用面での負担を考えて、断念していました。

ところが、いつのころか、テレビで聞くだけで英語が話せるようになるという宣伝をしばしば聞くようになり、それなら、楽でいいなって思うようになりました。通勤途中で聞くこともできるので、一度はチャレンジしてみようという気持ちがわいてきました。

ただ、その一方で、本当に聞くだけで英会話ができるようになるのかと疑問もわいていて、中々、お試し版だけも申し込むことができませんでした。

しかし、このまま、チャレンジしなくてもいいかと思い、本格的に調べはじめました。

・ リスニングのみでは英会話はできるようにならない!

調べていくにつれて、聞き流すだけの英語では、英会話は身につかないということが分かりました。それじゃ、あの宣伝は、嘘なのかって思いました。実際は、英会話もできるような仕組みになっているらしく、聞き流すだけで、英会話もできるようになるとのことでした。

・ 英会話もできる仕組みとは

従来のリスニングの流れは、英語⇒日本語という方式だったのですが、最近の聞き流すだけで英会話ができる教材は、日本語⇒英語という方式が主流になっているらしいということがわかりました。

この流れだと、日本人の日本語を英語に頭の中で翻訳して英語をしゃべるという脳の中での動きと一致しているため、英会話ができるようになるとのことでした。逆にリスニングは、英語⇒日本語という流れで身に着くということでした。

更に、リスニングや英会話ができるようになるには、時間がかかるということもわかりました。

どの教材も1日数分聞き流すだけと言っています。ただ、実際には、当たり前だと思いますが、時間をかけて取り組む必要があるということですね。

・ コストパフォーマンスが良く、日本語⇒英語対応の教材をリサーチ

調べた結果、日本語⇒英語に対応している聞き流すだけでの教材は多くなく、その中でもビジネス英語まで対応していて、楽天の売り上げもいつも上位にいるという英会話教材【ネイティブイングリッシュ】をみつけました。

価格的にも、リーズナブルでこの価格なら、購入してもよいのではないかと思いました。口コミなども読んでみましたが、通勤などで聞いているというかたや家事をしているときなどで聞いているという感じでした。

この調査でようやく本腰をいれて英会話を見につけようと決心しました。

ハワイは、都会的な面もありもう一度いって有名な料理たべたい

今月のお金が入り次第、すぐに購入する つもりです。楽しみ。

今後は、もう一度10月ごろを目指してハワイ旅行を計画し、それまでの期間までに、今以上に英語がしゃべれるようにするつもりです。

とにかく、目標をハワイに設定すれば、英会話力も確実に身につくのではないかと期待しています。

本当に、英語がスラスラといえないまでも料理を英語でオーダーでき、料理のきめ細かな対応にもできるようになるかもしれないと思うとハワイ旅行も別の楽しみができたように思えます。

特に、地元の人たちとも気軽に会話できたらいいなと思います。

補足ですが、英会話教材【ネイティブイングリッシュ】の公式ページで購入すると60日間全額返金保証もついているようです。万が一のためと思いますが、実際には、そうならないようにしたいと考えています。

コメントを残す