ポッコリお腹を最短解消のための簡単テクニックとは!

スポンサードリンク



ダイエットを行うときに、ちょっとしたテクニックがあるのでそれを紹介します。

 

まずは食事ですが、規則正しい食事を摂るには1日の計画の中で食事時間を設けておくことです。

 

忙しい中でもあらかじめ食事が摂れるように時間を調整しながら行動することを心がければいいのです。

 

特になかなかとることができないという人の多い朝食は、はじめはヨーグルトとジュース、牛乳とフルーツ、といった簡単なものからはじめ、なれてきたらごはんもののきちんとした食事に移行させていけばいいでしょう。

 

 

運動の場合、続けること自体が困難だという人も多いでしょう。しかし家事や仕事の合間にちょっと時間をみつけてできる運動を毎日続けるようにすればそれほど負担にはなりません。

 

またちょっとした運動を取り入れるテクニックは、床磨きを雑巾がけにする、バスや電車は座らずに立つ、そして近所へ出かけるときは徒歩で、といったことです。

 

 

テレビを見ながらでも軽い運動ならできるはずで、ストレッチなどは簡単にできるでしょう。

 

運動を継続させるためには段階を経ることが大切なことで、いきなり激しい運動を始めると疲れて長続きしないので、まずは自分のできる範囲の簡単なものから意識的に始めるようにするといいでしょう。

 

そして、やせたい人同士の仲間を作って一緒にがんばる、というのもテクニックのひとつです。夫婦で一緒にウォーキングを始めたり、そんな同じ目的を持つもの同士が互いに励ましあいながら続けられることが長続きの秘訣です。

 

やせるためのテクニックとして最も大切なことは、まずは自分がすぐに始められることから少しずつ挑戦し、焦らず無理もせずに続けていくことだといえるでしょう。

 

 
スポンサードリンク




 

やせるために生活習慣を改善することは大切で、肥満は生活習慣によるものが大きいといわれています。

 

親が太っていると子どももどちらかというと太り気味という場合が多いことからもわかることです。肥満体質は遺伝するといわれますが、遺伝によるものは3割で、あとの7割は家庭での好みや食事の取り方による影響が大きいといいます。

 

 

家族が太りやすい生活習慣をしているのが原因なのです。やせるためにまずしなければならないことは、自分の食習慣を自己管理することで、自分に悪い習慣がないか、早食い、まとめ食い、間食などのチェックをしてみることが大切です。

 

 

このような生活を振り返る「行動療法」は食事や運動とともに肥満対策に必要なことで、まず食事の日記をつけることからはじめ、誰と、どこで、何を、どれくらい食べたかを記していきましょう。

 

そうすることで、自分の食生活に問題がないかがわかってくるでしょう。夜更かしをして夜遅くにものを食べたりすると、胃がもたれて朝食が取れなくなり、食事が不規則になるうえに脂肪がたまりやすくなってしまうので、そのような悪い習慣は避けなければなりません。

 

 

普段からできるだけ歩くように心がけることは大切なことで、歩ける距離ならば、乗り物に頼らないようにするといいでしょう。そして普段からさらに体を動かすようにするために、エレベーターを使わずに階段を利用したり、床掃除をしっかりする、というものいいでしょう。

 

イライラはやせるためにはやはり大敵で、ストレスからやけ食いをしてしまうこともよくあることですが、そうならないよう、好きな音楽やスポーツですっきりすることで、ストレス解消をはかれるように日ごろから気をつけることも大切なのです。

 

肥満を解消するために生活習慣を改善することは、まずは自分の生活を見直して太る原因を見つけ出し、それを取り除くようにすることだといえるでしょう。

女性ダイエット!メリハリボディ!夏の薄着で困ること!ポッコリお腹

 

薄着になる季節になると気になるのがお腹のまわりの脂肪。

 

特に女性はお腹に脂肪がつきやすいため、プヨプヨお腹やぽっこりと腹は、多くの女性の悩みの種になることも多いようです。

 

このお腹の脂肪の正体はいったいなんなのでしょうか。

 

女性はお腹の部分にちょうど子宮がありますが、命に関わる大事な部分にはもともと脂肪がつきやすいのでお腹のところに脂肪がついてしまうのです。

そして女性ホルモンの働きがこの脂肪に関係しています。これと反対に男性ホルモンには、皮下脂肪の代わりに内臓脂肪をためこむ働きがあります。

そういうわけで女性は男性より明らかに皮下脂肪がつきやすくなっており、その量は男性の1.5倍だということです。

 

その上閉経後の女性

 

女性ホルモンの減少が原因で男性と同じように内臓脂肪もつきやすくなり、そのため食生活などに注意が必要になってくるのです。

これは男女共通していえることですが、肋骨から下のお腹の部分には骨組みがないという点です。

 

そのため筋肉や脂肪は内臓を守ったり空洞のお腹を保護するためにもつきやすくなっているのです。

 

このように人間が元々もっている体を守る機能が働いて、お腹に脂肪がつくものなのです。

 

それがブヨブヨしたお腹になってしまうのは、新陳代謝が鈍くなったり、食べ過ぎたりすることによって必要以上にその脂肪がついてしまうからだということでしょう。

 

 

お腹に脂肪がついたお腹太りにはいろいろなタイプが

 

まずは自分に該当するタイプを知ることが効果的なお腹やせの第一歩です。

 

まず手足が細く痩せているタイプなのにお腹だけがぽっこりとしているのは、エネルギー不足によるものが原因です。

 

これは基礎代謝が減少しているためで、普通に食べていても脂肪が燃焼しきれない状態なのです。

 

さらに腹圧が低くなり内臓を外から抑える力が弱まってしまうため下腹部がぽこっと出てしまいます。

 

次はお腹の脂肪がプヨプヨとしていてつまめる皮下脂肪型

 

これは消費カロリーより摂取カロリーのほうが多い食べすぎのタイプです。

 

いわゆる三段腹は、この積み重ねが皮下脂肪を体に溜めこむことになりに成長してしまった状態です。

 

どうみてもほっそりしているようなのに

 

なぜかお腹だけが出ているような印象の人は、姿勢の悪さが要因ということもあり、これは腹筋力の弱さが起因しています。

 

内臓脂肪がお腹の中に詰まっていると、内側からお腹を膨らませるような形になるのですが、これが内臓脂肪の出っ張り型です。

 

中年の男性にありがちな体形です。

 

体脂肪が多い人の体形が崩れ手しまう場合が肥満型というのですが、こういう人はほとんどの場合がお腹だけではなく体全体に脂肪がついているでしょう。

 

以上のように、お腹太りには、脂肪のつき方から原因まで種類もいろいろあります。

 

それぞれのタイプにあわせ、対策も一つ一つ考えることが大切といえるでしょう。

 

これで貴女もメリハリボディの仲間入りかも

応援クリックよろしくお願いします。

本日のランキング応援クリックありがとうございました。