天体望遠鏡、赤道儀、天体観測、月、木星、反射式望遠鏡の選び方

夜遅くに、会社などの帰りにふと、夜空を見上げると星が空一面にひろがっていることがあります。このような光景をみると宇宙の凄さをかんじてしまいませんか?

そして、いつかは、天体望遠鏡で星を観察してみようと思い続けているあなた、その今こそ、星空を観察するチャンスです。

特に、惑星は、みじかにあるので、一度は、望遠鏡を使って実際の実物をみてはいかがでしょうか。

そうはいっても、どんな種類の天体望遠鏡を購入すればよいかわからないと思います。天体望遠鏡には、大きく分けて、二つの種類があります。

・ 一つは、屈折式望遠鏡

・ 二つは、反射式望遠鏡

今回は、初心者には、多少難しいといわれている反射式望遠鏡についての選び方について説明していきます。
スポンサードリンク



反射式望遠鏡とは!

文字通り、星の光を天体望遠鏡の鏡に集めて、その集約した映像を反射させてみる方式です。この点で、屈折式天体望遠鏡とは、構造がちがいます。屈折式天体望遠鏡は、直接星座を観察します。だから、扱いやすく、初心者や子供向けにむいています。

・ 反射式望遠鏡の特徴

反射式望遠鏡は、屈折式天体望遠鏡にくらべ、サイズをいくらでも大きくするというメリットがあります。世界中にある天体望遠鏡のほとんどは、反射式望遠鏡です。一番多く設置されているハワイにある天体望遠鏡は、すべて、反射式望遠鏡です。勿論、宇宙に設置されている天体望遠鏡も反射式望遠鏡です。

・ 一般的に、屈折式天体望遠鏡より反射式望遠鏡のほうが安いということがあります。勿論、大きさがおおきくなれば、値段は高くなってきますが、それは、屈折式天体望遠鏡も同じなので、同一の性能であれば、反射式望遠鏡のほうが安く手に入れることができます。

・ 星座を観察するには、明るさと鮮明さの両方が求められます。明るさは、光の取り込む量を増やすことで解決するので、天体望遠鏡の鏡筒(つつ)が大きいほうがいいことになります。鮮明さは、レンズの質によります。レンズの質が高ければ高いほど、天体望遠鏡の値段は高額になります。数十万円以上することも珍しくありません。

天体望遠鏡は、レンズが命と言っても過言ではありません。

・ さて、初心者が選ぶ反射式望遠鏡は何が良いのでしょうか。

ヨドバシカメラなどにうっているケンコーの反射式天体望遠鏡は、150mmや200mmが安い値段で置いてあるところがあります。特に、150mmは手ごろな価格なので、ついつい手をだしてしまいがちになりますが、明るさはそこそこあります。しかし、鮮明さは、ほぼ、期待できません。勿論、200mmでも鮮明さは、期待できません。

・ 反射式天体望遠鏡のサイズは

基本的には、200mmが良いと思います。150mmでもいいですが、惑星などの大きさがかなり、200mmに比較すると小さいのでやめたほうがいいでしょう。しかも、どちらを選ぶにしてもそこそこの金額が、かかるので、また、買いなおすという結果にならないためにも、200mmをすすめます。

何故、250mmをすすめないかというとこのレベルのおおきさになると丈量もかなりなものになってきて、結局、天体望遠鏡の出し入れが面倒ということで、次第に、天体望遠鏡を使用しなくなってきます。

この点を踏まえると、200mmは、重量は、8kgぐらいなので、重いには重いですが、出し入れが面倒というほどではないと思います。

・ どこのメーカーの反射式天体望遠鏡を選ぶのがよいか。

スポンサードリンク



笠井トレーディングのGINJI-200FNがおすすめです。

この反射式望遠鏡の特徴は、下記のようになっていて、冬場のレンズを温める装置もついていて、至れり尽くせりの反射式天体望遠鏡です。

反射式望遠鏡の形状は下記のようになっています。

出典元 笠井トレーディング

参考文抜粋(笠井トレーディングホームページ)

GINJIシリーズの異端児・20cmF4ニュートン鏡筒セット。90mmの長大なバックフォーカスにより直焦点星野写真に高い適性を示し、スムーズなGS2インチマイクロフォーカス接眼部の採用により精密なピント出しと確実な固定が可能。取り回しの良いコンパクトな鏡筒は収納性に優れ、遠征用鏡筒として最適。高精度なパラボラ主鏡と、写真鏡としては比較的小さな直径比遮蔽率36%の斜鏡、そして回折像の劣化を抑えた4本足0.5mm極薄スパイダーのコンビネーションにより、短焦点ながら眼視観測にも対応可能な高いシャープネスとデフィニションを示します。鏡筒バンド&アリガタプレートも標準付属。気軽に使える20cmアストログラフとして、ビギナーからマニアまで広くお勧めできる望遠鏡です。

・ 性能など

有効径:200mm
焦点距離:800mm
口径比::F4
ファインダー:8x50mm90゜正立(実視野6゜)
中央遮蔽径:72mm
直径比中央遮蔽率:36%
面積比中央遮蔽率:13%
鏡筒径:230mm
鏡筒長:710mm
鏡筒重量:7.2kg(鏡筒バンド&プレート込み8.6kg)

以上のように重量的にも、解像度や口径も初心者向きと言えると思います。

値段は、消費税込みで7万弱ぐらいですので購入しやすいです。

経緯台の選び方

鏡筒だけを選んでも、鏡筒を載せる台がひつようになってきます。

台には、2種類あります。

一つは、ビクセンが出しているポルタⅡ経緯台、もう一つは、赤道儀です。こちらは、三脚を購入する必要があります。

ポルタⅡ経緯台の乗せることができる重量は5kgまでなので、このGINJI-200FNを載せることが、できないのですが、試しに、載せてみると問題なく、載せることができました。安定感は、あまりないので、倒れないように手で押さえる必要がありますが、特に、星座観察には問題ありません。

ポルタⅡ経緯台の操作性の良さと値段の安さから考えると試す価値はあるとおもいます。但し、自己責任で!

赤道儀と三脚を購入してみる場合は、基本的にかなりの重量の反射式望遠鏡を載せることができます。但し、価格はそれなりに高いです。特に、三脚は、しっかりしているためにかなりの重量があります。

スポンサードリンク



 

 

 

天体望遠鏡初心者向け用望遠鏡セット!おすすめ、天体観測、月、木星、ビクセン天体望遠鏡 ポルタII A80Mf

冬の夜空を見て、もう少し詳しく、観察できたらなって思ったことはありませんか!夜空に広がる星の大群をみるとわくわくしてきませんか!子供と一緒に星座をかんさつして、宇宙の神秘を垣間見るのもいいのではなでしょうか!

しかし、そんな望遠鏡を選ぶのには、ちょっと、考慮が必要です。

さて、初心者は、どんな天体望遠鏡を選ぶべきか

・ 一番ダメな天体望遠鏡の選び方は、ホームセンターなどで売っている、数千円の望遠鏡です。

スポンサードリンク




このような天体望遠鏡には、300倍とか500倍とかを強調したものが、売っています。天体望遠鏡は、倍率で選ぶのではなく、分解能で選ぶのが、天体望遠鏡の選ぶコツです。当然、安いものは、この分解能が劣っていますし、分解能が上がるにしたがって、値段もす十万円にもなります。しかも、コノクラスになると重量も増してきます。

先ず、初心者が選ぶ天体望遠鏡は、Vixen 天体望遠鏡 ポルタII A80Mfがべすと

なぜ、この望遠鏡が良いかというと天体望遠鏡には、大きく2タイプあります。

・ Vixen 天体望遠鏡 ポルタII A80Mfタイプの屈折式望遠鏡

・ 反射式望遠鏡

値段的には、初心が天体望遠鏡をみると反射式望遠鏡の値段も安くて、望遠鏡の口径(筒の直系)も屈折式望遠鏡より太いので、反射式望遠鏡のほうが、よく見えるのではないかと思ってしまいますが、後で、詳細に述べますが、反射式望遠鏡は、初心者には、扱いにくい点がいくつかあるので、まずは、屈折式望遠鏡を選ぶのが、無難です。

1) Vixen 天体望遠鏡 ポルタII A80Mf

Vixen 天体望遠鏡 ポルタII A80Mfですが、操作性、扱いやすさ、天体望遠鏡を載せる台(経緯台と呼びます)の操作性も非常に楽で、この経緯台は、ポルタⅡ経緯台と呼ばれていて、何十年もベストセラー商品になっています。Vixen 天体望遠鏡 ポルタII A80Mfの下記に示します。

 

 

 

上図が全体像です。

実際の経緯台の動作については、下記の図で説明していきます。

 

・ 一番難しいのが、目的の惑星、例えば、木星だとします。この経緯台の優れたところは、目視で、木星の位置を確認出来たら、このA80AFの鏡筒を持って、木星の方向に振り向けることができる点です。経緯台は、縦横自由にどうさするので、かなりの確率で、木星の位置に天体望遠鏡を向けることができます。

・ 次は、実際の木星に焦点を合わせる作業にはいりますが、図中に書かれている高度軸を微調整して、天体望遠鏡のレンズの中心部に木星が入るようにします。基本的には、最初に行った鏡筒の方向合わせで、木星は、レンズのどこかの位置に見えているので、本当に微調整ですみます。

・ 次は方位軸の微調整です。こちらも、ほぼ、レンズの中に木星が入っていますので、レンズの中央に木星をもってきます。

なれてくると、方位軸と高度軸を同時に動かして、一気に木星をレンズの中心に持ってくることができます。本当に、ここまでの流れは簡単で、一度で、操作できるようになります。この点から見ても、このポルタⅡ経緯台が、人気なのがわかると思います。

一度、実践してみれば、必ず、実感できると思います。

さて、木星をレンズの中心に位置付けたら、次は焦点をあわせます。焦点の合わせ方といっても、普通の双眼鏡で行うようなレンズを移動させるだけで済みます。唯、一つだけ難しいのが、天体は、常に動いているために、一度、レンズの中心に木星をあわせても、時間がたてばずれてしまうことです。特に、倍率が高くなるにつれて、移動する時間が、短くなるので要注意です。
スポンサードリンク




勿論、倍率がそれほど高くなければ、先ほど説明した高度軸をと方位軸を微調整し続けて、木星をレンズの中心に位置付けることができます。この作業も思ったほど難しくありません。

時期にもよりますが、木星の衛星を4つみることが簡単にできます。この衛星を見た時の感動は、忘れがたいものがあります。

他には、木星のリングをみることや火星の赤茶けた表面をみることもできます。ただ、かせいは、小さいので、かなり難しいかもしれません。

このようにして、いろいろ星座の数を増やしていくと楽しいですね。

一番、よく観察できるのが、月です。ただ、月は明るいので、三日月に近いほうがクレーターの観察に向いていると思います。

スポンサードリンク



季節の中で一番豊富に星座が観察できるのが、冬になります。しかも、午後9時から午前零時と非常に厳しい時間帯になります。しかし、寒さ対策を施して天体観測するのは、圧巻です。ぜひ、一度は観察することを勧めます。

天体観測、月、木星、天体望遠鏡、ビクセン、ポルタⅡ経緯台操作性のしやすさ

天体望遠鏡で、星座を観察するのは、非常にわくわくします。

星座を観察しやすい時期って

星座を観察する時期としては、下記の二つがあります。

・ 冬空

・ 夏空

1) 冬空の観察

冬は、有名な星座が、目白押しで見ることができます。特に、東から、南にかけてが、見るポイントとしては、最高です。時間帯は、夜の9時ごろから午前0時ごろです。特に、オリオン座は有名ですね。ただ、オリオン座や木星などは、たいてい、夜の9時過ぎごろに南にのぼってきますから、防寒具が必須になります。

また、真夜中には、連星なども見ることができるのですが、時間的になかなか厳しいものがあります。寒さと時間にいかに耐えられるかで、星座観察が限定されてします。ふゆは、関東地方では晴れることが多いので、星座観察には向いているといえます。

しかし、星座観察の時間が午後9時以降になることと寒いので、中々、思うようには、観察しにくいのが実情です。

スポンサードリンク



そして、冬の空気は澄んでいると思いますが、空気のゆらぎがあって、星座が鮮明にみえないこともあります。この点で、冬の星座観察がベストと思っているあなたは、実は、そうではないことを知っていたほうがいいかもしれません。それでも、冬の星空は綺麗です。都会では、中々、すべての星をみることは不可能かもしれません。しかし、木星の衛星や土星のリングなどは、しっかりみることができます。ぜひ、楽しんでみてみるといいでしょう。

2) 夏の星座

夏は、意外に曇りの日が多いので、機会をみつけて、星座を観察するのがおすすめです。それに加えて、意外としられていませんが、星座観測には、夏が最適だそうです。勿論、さきほどのべた冬もいいですが、空気のゆらぎが発生するので、夏のほうが最適ということだと思います。ただ、残念なことに、冬空ほど星座の数がすくないので、あまり、面白みがありません。星座の美しさは、冬空に負けてしまいます。

それでも、寒さ対策とかが必要でないことや夜遅くても夏の暑さ対策にもなるので、こちらのほうからは、夏空は最適かもしれません。

勿論、月は年中みることができる

かなり、詳細に、月の表面のでこぼこを観察することができます。月の場合には、できるだけ、三日月のようなときが観察には最適です。満月にちかくなると月のあかるさでほとんど、でこぼこを観察することができません。

天体望遠鏡でのぞくと、月の明るさは、想像以上に明るいことに気が付きますよ。一般的に、満月に近い月を見るときは、レンズにフィルターをつけてみます。そこまでしたくなければ、三日月に近いときに見たほうがいいでしょう。

さて、星座観察の初心者には、ビクセンがだしているポルタⅡ経緯台を三脚として利用するのが、いいでしょう。ポルタⅡ経緯台は、アルミ製で軽くて丈夫にできています。しかも、目的の星座を観察する場合に、簡単に、目的の星座に天体望遠鏡を向けることができます。

ポルタⅡ経緯台にのせた天体望遠鏡を持って、自由に方向をあわせることができ、大体の位置にもってこれたなら、そのあとは、ポルタⅡ経緯台についている二つに位置合わせの調整用のハンドルで天体望遠鏡をのぞきながら、目的の星座を見つけることができます。見つけることができなかったら、また、天体望遠鏡を最初に位置合わせをして、同じことを繰り返すことで、次第にうまく、目的の星座をみつけることができます。

ポルタⅡ経緯台に取り付けられる天体望遠鏡のサイズと重さ

ポルタⅡ経緯台に取り付けられる天体望遠鏡には、それほど、三脚が頑丈にできているわけではないので(アルミ製)、それほど、大きな望遠鏡をのせることはできません。操作性がバツグンなので、かなり、重量のある天体望遠鏡をのせたいとおもいますが、バランスをくずしてしまうなどのデメリットがあります。

ただ、ポルタⅡ経緯台には、屈折式天体望遠鏡は、ほぼ問題なく搭載できます。反射式天体望遠鏡は、ポルタⅡ経緯台には、口径が150mmとなっていますが、200mmでもぎりぎり搭載可能です。ただ、倒れないように天体望遠鏡を押さえつけながら見たほうがいいでしょう。

スポンサードリンク



200mmぐらいの反射式天体望遠鏡だと解像度の問題もありますが、星座などかなり鮮明にみえて、操作性も良いので、重宝します。これ以上の大きさの反射式天体望遠鏡は、ポルタⅡ経緯台には、搭載は不可能です。

アルミ製ポルタⅡ経緯台の重さ対策

ポルタⅡ経緯台は、アルミでできていますが、三脚の長さを伸ばさなければ、先ほど述べた200mmの反射式天体望遠鏡を搭載可能ですが、三脚を伸ばして使うには、耐えられないと思います。この点では、ポルタⅡ経緯台の仕様を守ることをすすめます。

 

 

上記のポルタⅡ経緯台は、半分ぐらい、三脚を伸ばしている状態です。伸ばしていない場合は、三脚の足の部分に空きはなく、埋まっている状態です。このような状態では、かなり、安定性が高いので、200mmでも耐えられます。

一般的に、経緯台は、ポルタⅡ経緯台以上のものは、ほとんどありません。これ以上のおおきな天体望遠鏡を乗せる場合は、赤道儀式になります。赤道儀の場合は、かなりの重量の天体望遠鏡をのせることができます。ただし、操作性は、ポルタⅡ経緯台ほど簡単ではありませんし、赤道儀の三脚もかなりの重量になってきます。このため、冬場など、簡単に星座をみるというのが、面倒におもい、星座観察からとおのいてきてしまいます。

いわゆる、宝の持ち腐れ状態になってしまいます。

スポンサードリンク



以上から判断するとポルタⅡ経緯台は、非常に使いやすくて、軽く、操作性も良いことから、飽きることなく星座の観察を行うことができます。ぜひ、一度ポルタⅡ経緯台を購入して星座を観察してみてください。値段も2万円代と手ごろな価格です。