収入のある家族(主婦)を扶養にするための条件:確定申告(青色申告)も一考!

あなたが、ご主人の扶養になっていられる条件ってしっていますか?

・ 基本的な国税の原則

基本的には、あなたの所得(収入ではありませんし、収入は、最近では、ネットで簡単に小遣い稼ぎ程度なら稼げてしまうこともめずらしことではありません。当然、これらの収入も所得として計算されますので、注意が必要です)が38万円以内なら問題なく、扶養にはいることができます。

また、38万円いないなら、確定申告の必要もありません。確定申告というとびっくりしますが、38万以上の所得がある場合には、かならず、確定申告が必要です。

さて、38万円以内の所得に抑えている限りは、確定申告も不要で、扶養のままでいることができます。
スポンサードリンク




あなたの所得が38万円を超えてきたらどうするのか?

まず、確定申告の義務が発生します。

金額が微妙だと思って、確定申告をしないと税務署からの問い合わせがきますよ。税務署は、最近、ネットでのビジネスに目を光らせているようです。

あなたの収入が、増加傾向にあると注目されると徹底的に、監視を続けていくようです。そして、ある時点で、かなりの収入があると判断するとあなたえの問い合わせという形で税務調査が行われます。

税務調査は、徹底的におこなわれ、拒否権などもありませんので、基本的に洗いざらい、調べらます。勿論、すべての人を対象に実施できるわけではありませんので、全然来ないと思って安心していると突然、問い合わせがくるかもしれませんよ。

扶養継続の対策があります

あなたの扶養を継続したいと思っているなら、方法があります。

それは、あなたが、個人事業主になることです。個人事業主という名前は、少し、仰々しい感じがしますが、実際は、あなたが、いわば、経営者になってしまうということです。勿論、本格的な経営をするわけではありません。

実際には、青色申告という確定申告をするだけです。確定申告などしたことがない。というあなたでも、簡単に確定申告できます。更に、青色申告って聞いたこともないかもしれません。それでも、大丈夫ですよ。

個人事業主が青色申告するための青色申告ソフトがあるんですよね。このソフトは、初心者が使いやすいように工夫されていて、それほど、難しいくはないんです。

それと、このソフトを使い込むほど言葉など次第に覚えてくるので、一度、理解さえしてしまえば、基本的には、毎月の繰り返しになるので、それほど、恐れることはないですね。

では、個人事業主ってどうやるのって思いますよね

基本は、二つの書類を税務署に届けるか郵送するだけで個人事業主になれてしまいます。二つの書類とは、個人事業の開業・廃業等届出書と青色申告承認申請書

です。記載内容は、基本的に、入力した部分のみでOKです。

税務署にこの二点と控えようにコピーをとって、そのコピーにも受領印をおしてもらい、これを保存しておくと良いですよ。
スポンサードリンク




勿論、これだけでは、あなたが、ご主人の扶養を継続できるわけではありません。先ほど述べた青色申告が必要になります。

青色申告の方法

いきなりで、難しいとおもってしまいますが、基本的に、複式簿記を使います。青色申告承認申請書にも複式簿記と記載したと思います。この複式簿記をしようしないと扶養のためのメリットを受けられません。

何故かというと、この青色申告には、青色申告特別控除額65万円というのがあります。この控除額は、あなたの所得を65万円減額することができるというしろもので、かなり大きなメリットといえるでしょう。

つまり、あなたの所得額が38万円+65万円以内であれば、あなたのご主人の扶養のままでいられるということです。勿論、この額を超えてしまえば、当然のことですが、扶養からはずれます。でも、よく考えてみてください、あなたの所得が103万円を超えるということは、かなりの収入があるということになります。つまり、ある意味、独立ができるレベルに達しているということにもつながるので、非常に喜ばしいことと思ってください。

さて、所得と収入の違いは!

所得って何だと思いますか?

収入ではないんですよ!

所得 = 収入 - 経費

経費とは、あなたが収入を得るために使った費用のことをいいます。費用は数多くあるので、簡単な例をしめすとインタネット費用やプロバイダー料金は、必ず必要ですよね。これらが経費なんですよ。ほかにも、新規にパソコンを購入したなど、とにかく、あなたが、ネットなどで収入を得るために使ったものは、基本的に費用になります。このような費用は、必ず、領収書をもらって保管しておいてください。このほかにも、交通費やスマホ代なども経費として扱うことができます。

スポンサードリンク



個人事業主、青色申告の帳簿の種類ごとに7年の保存期間がある。保存を忘れると青色申告を取り消しも!追徴課税も!

個人事業主として、初めて青色申告をした場合に、よく忘れることがあるのが、税務署に提出した書類以外に保存しなければいけない書類があるということです。しかも、それぞれの書類の保存期間が決まっています。最長7年から5年です。

確定申告を申請したら、これらの帳簿を必ず印刷して保存してください。期限は、面倒なので、7年間保存するようにしましょう。

この理由は、税務調査は、7年間にさかのぼって調査することができるからです。もし、仮に、帳簿が保存されていないと、青色申告を取り消されて、さかのぼって、追徴課税が課せられるので、本当に重要です。

スポンサードリンク



もちろんすべての帳簿を7年間保存する必要はなく、青色申告承認申請書に記載した帳簿で十分です。このほかに、領収書の保存も必須になります。基本的には経費の可能性のある領収書は、保存しておきましょう。

万が一、税務調査で費用として認められない場合の対策として役に立つ可能性があります。

さて、帳簿や書類の保存期間とは

1) 決算書類:7年間保存

・ 貸借対照表

 個人事業主の場合には、12月31日の決算時点などやある一時点でのあなたの財務状態を表すものです。損益計算書と並んで重要な財務諸表になります。

 毎年の決算日(12月31日)をその区切りとして賃借対照表として作成します。資金を調達する源泉のことで誰にお金を返さなくてはならないかということを右側(貸方)、資金の運用形態、お金を何に使ったか、を左側(借方)に記入します。

 さらに右側の部分は返済が必要な部分とそうでない部分とに分かれます。右側で、返済の必要があるものは負債、その必要のないものは資本と呼びます。左側の部分は資産と呼び、あなたの個人事業の財産を表します。このように貸借対照表は、資産、負債、資本の3つの部分に大きく分けられます。これに関連して、資産=負債+資本という貸借対照表等式が成り立ちます。

非常に重要な書類になります。

・ 損益計算書

 損益計算書とは、あなたの個人事業の区切りとして1年を1単位と考えた時、1単位期間(1月1日から12月31日)当たりのあなたの経営状況を示すものです。つまり、あなたの個人事業が、上手くいっているのかそうでないかの判断材料として使用することができる非常に重要な書類になります。

あなたの個人事業の経営状況を明確にするため、1年間(1月1日から12月31日)のすべての収益とこの収益を上げるために使用した費用を記載してあなたの個人事業の収益性示したものです。

スポンサードリンク




2) 帳簿:7年間保存

・ 総勘定元帳

 総勘定元帳とは、あなたの個人事業の資産,負債,資本,収益,費用に関する勘定項目が多くなってくることがあります。そこで、これらの勘定項目のすべてを一つの勘定体系のもとで処理するのが難しので,同様な項目の勘定を集めることによって処理することがあなたの個人事業の経営状態をわかりやすくすることになってきます。そして、一つの勘定項目ごとに集めて単一の勘定として処理した勘定を総勘定元帳といいます。具体的には、現金単位や預金単位などがあります。

・ 仕訳帳

仕訳帳とは、複式簿記で、売上や消耗品の購入、調査のための交通費、インタネット費用やプロバイダー料金などすべての取引をその発生順に仕訳・記入し、元帳の各勘定口座へ転記するための帳簿のことをいいます。 

・ 現金出納帳

現金出納帳とは、現金の使用や現金の追加などをあなたの個人事業の経過順に記帳した帳簿をいいます。

・ 預金出納帳

預金出納帳とは、預金口座からのお金の出し入れを日付順に記帳した帳簿をいいます。

・ 売掛帳

売掛帳とは、売上が上がっているが、実際には、売上金の収入が入っていない状態を表した帳簿をいいます。

・ 買掛帳

買掛帳とは、取引先ごとに、買掛に関する日々の取引や残高を記入、管理する帳簿のことをいいます。

・ 経費帳

経費帳は経費について科目ごとに書き記す帳簿で、経費帳は簡易簿記に区分されています(複式簿記ではありませんので念のため)。

・ 固定資産台帳

固定資産台帳とは、固定資産を、その取得から減価償却計算、そして、売却や除却といった処分に至るまで、その経緯を個々の資産ごとに管理するための補助簿をいいます。

3) 現金、預金などの取引書類:7年間保存

・ 領収書

あなたが個人事業の収益を上げるために購入した費用や調査のために使用した交通費、インタネット費用やプロバイダー料金などすべてについての使用した金額が記載されたものを領収書といいます。勿論、領収書のないものもありますが、その場合には、出金伝票を使用して、領収書のかわりにします。

・ 預金通帳

あなたの個人事業のためのお金をかんりする銀行座をいいます。

以上述べた帳簿は、基本的に青色申告のために必要な帳簿になっていますが、すべての帳簿を保存する必要はなく、例えば、あなたが、青色申告ソフトを使用しているのであれば、そのソフトで出力できる帳簿を保存するだけでいいですよ。

勿論、最初に、青色申告承認申請書に記載した帳簿だけでもかまいません。

しかし、領収書は、どんな場合でも保存しておいてほうがよいでしょう。

スポンサードリンク



個人事業主(アフリエイト)用青色申告ソフト!おすすめは、人気NO1の弥生の青色申告ソフト

あなたが、個人事業主として、いざ、開業となっても、青色申告のために何をすべきか全くわかりませんよね。

そんな時にたすけになるのが、青色申告ソフトです。

ただ、そうはいっても、青色申告ソフトそのものがわからないので、どれを選択していいかわかりませんよね。

青色申告ソフトにはなにがある!

青色申告ソフトには、弥生、MFクラウド、freeeなどがあります。基本的に、これらの青色申告ソフトは、できるだけ、簿記をしらなくてもよいようにつくられています。勿論、ある程度の簿記の言葉は知っている必要がありますが、簿記そのものを知っている必要はないですね。青色申告ソフトの定義や帳簿付けには、簿記用語が、普通にでてきます。しかし、その意味をしらなくても帳簿付けができるように工夫されています。

スポンサードリンク



その中でも特に、簿記用語というよりは、日本語的な用語で説明がなされているのが弥生だと思います。あなたが、帳簿付けをしたデータをみるとより分かりやすいコメントが付加されているので、非常に理解しやすいと思います。

そして、どの青色申告ソフトにもいえることですが、この青色申告ソフトをつかいこなすにつれて、次第に、簿記用語にも慣れてきますので、最初に非常に使いやすい弥生をしようするとそれほど苦労せずに、青色申告のための帳簿付けができるようになります。

弥生を進める理由

・ わかりやすい日本語で帳簿付けができること

これは、先ほど、説明したとおりです。

帳簿付けの画面はかきのようになっています。

スポンサードリンク



・ 新規に消耗品費を登録する画面です

 基本的には、いつ、消耗品の何をいくらで現金で購入したかという形式で入力できるようになっています。

この画面では、簿記の借方、貸方を意識する必要がありません。

この登録画面は、他の青色申告ソフトよりわかりやすいと思います。

・ 弥生を初めてオンライン形式を使用する場合には、1年間無料で使用できる特典があります。但し、メールや電話対応などのサービスがついていないので、あまり、初心者の場合はおすすめできません。

サービスを付けた場合には、初年に限り、年額の使用料が半額になるサービスがあり、あなたの場合、これを、選択すると良いでしょう。

・ サービスの範囲は、他の青色申告ソフトと比較してサービスレベルが高いです。具体的に、弥生は、青色申告ソフトの使い方だけでなく、青色申告の帳簿つけに関しても質問に答えてくれます。

他の青色申告ソフトは、基本的に、ソフトに関する質問に対するこたえだけのサポートになっているようです。この意味でも、弥生ソフトが初心者向けになっていると思います。

・ 一度、メールでの質問をしましたが、即日に電話対応してくれました。この点でも、素晴らしいと思いました。

・ また、青色申告した場合には、各種帳簿の保存期間が決まっています。基本的には、5年から7年ですが、保存すべき帳簿もまとまっていて、管理がしやすいように思います。

具体的には、下記のような帳簿が出力できるようになっています。

以上のように7種類の帳簿が出力できるので、青色申告用の帳簿としては、申し分ないと思います。

以上をまとめると、入力の方法や青色申告用の帳簿類、サポートの充実を考慮すると弥生がベストだと思います。

金額的にみると大体1万円前後ですが、弥生が少し高めかもしれません。ただ、弥生だけは、パソコンにインストールタイプも用意されているので、ある程度慣れた場合には、こちらを選ぶのも一つの方法かもしれません。ただし、サポートはついていません。注意が必要です。
具体的には、下記のショップで販売されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

やよいの青色申告 18 通常版 弥生 ※パッケージ版【返品種別B】
価格:10680円(税込、送料無料) (2018/2/18時点)

 

 

ただし、インストールタイプは、新バージョンがでるのが、10月ごろなので、そのころにデータの移行が必要になることとインストールしたパソコンでしか使用できなので、運用の便利さから言えば、オンラインタイプを選択したほうがいいかもしれません。

何故、毎年、更新が必要かというと、青色申告の形式が毎年変わるらしいことによるようです。どちらを選ぶにしても、大きな問題は、ありません。

パソコンへのインストールタイプでも、サポートつけることができると電話で、実際に確認しました。電話対応は、非常にわかりやすく、いろいろな質問に丁寧に答えてくれましたので、安心して使用することできています。今のところは問題なくつかえています。

ぜひ、幾つかの青色申告ソフトを比べてみて、弥生の使いやすさを認識して欲しいと思います。

 

 スポンサードリンク