北陸新幹線!金沢土産:金沢の冬しか味うことができない!レアな漬物!かぶら寿司(大根寿司)

多分、あなたも知らないかもしれない超レアな漬物の名産品

それは、漬物なんですが、冬の1月ぐらいしかでまわらないので、基本的に購入するのが、非常に難しいです。

相当な昔は、かぶらで作ったつけものしかありませんでしたが、今では、かぶらがてにはいりにくいのか。大根で作ったものが主流になっています。

スポンサードリンク



かぶら寿司って何?

相当おおきなかぶらを輪切りにして、直系的には10cm以上ぐらいのもの。このかぶらを厚切りにして、真ん中を切り裂いて、中に野菜やさかななどを挟み込んだもので、多分、このことからかぶら寿司と呼ばれるようになったのではないかと思います。

漬け方も豪快です!12月初旬から漬けていくのですが、直径が2m高さは、150cmぐらいの非常に大きなたるに、かぶらに材料をはさみこんだかぶら寿司をたるに人が入って、敷き詰めていきます。

樽に入っている人は長靴をはいて、敷き詰めたかぶら寿司を踏み込んでいきます。かぶら寿司を作る人たちは、寒い部屋で黙々とかぶら寿司を作っていきます。本当に、寒いです。暖房は勿論つけていません。たるに入っている人も大きな長靴をはいて、踏みつけていくので、かなりな重労働です。

たるにある程度かぶら寿司が入った状態で、蓋をして、重しを載せ完成です。勿論、漬物ですから、発酵させる必要があるので、塩とかなどを入れています。ほかは、多分企業秘密だと思います。

かぶら寿司の出来立てをあじみするとどちらかというと甘い味がします。このため、最初は、好き嫌いのある人もいるかもしれません。当初は、これが、何故、おいしいのかわかりませんでしたから。

でも、何回か、食べるうちに、是非、食べたいと思いましたし、いくらでも食べたい気がしていました。

スポンサードリンク



しかし、まだ、人気が出る前でも値段は、そこそこしていたのと食べれる時期が限られているので、購入することができませんでした。本当に、1月ごろしか販売されていないと思います。ただ、もしかしたら、2月の初旬あたりまで販売されているかもしれませんが、どちらにしても、販売期間は短いので、あなたが、金沢を訪れたとしも、このかぶら寿司を見かける可能性は非常に低いと思います。

一度は、このかぶら寿司が販売されている時期をめがけて、金沢を訪問してみてはいかがでしょうか!

さて、大根寿司ですが、基本的には、かぶら寿司と漬ける方法はおなじです。大きさも、10cmぐらいの大きさの大根を厚切りにして、中に野菜などを挟み込んだものです。

かぶら寿司と大根寿司を比較するとかぶら寿司とのほうが、味がまろやかな感じがします。大根寿司は、多少、からみが残っているのかもしれません。

ただ、だいこんのほうが収穫が多いためか、かぶら寿司と大根寿司では、値段がかなり違います。勿論、大根寿司も高くなっていますが、かぶら寿司は、それ以上の値段の高さです。

是非、両方購入して、味を比べてみてください。

最初は、慣れないので、それほどおいしく感じないかもしれません。でも、いくつか食べるてくるときっとおいしく感じるようになると思います。

購入するときは、あまり、数がはいっていない少量のものから食べ始めるのがいいかもしれません。

全然、合わないという人も中にはいると思います。

しかし、風変わりな漬物なので、一度ぐらいは、食べてみるのもいいかと思います。

重量は、かぶらやだいこんでできているので、それなりにあります。お土産には、日持ちがしないとおもいますので、ご自宅で食べるために購入したほうが良いかと思います。

スポンサードリンク



まとめ

風変わりで名前も寿司とついている漬物です。このような漬物はあまり、他ではみかけないと思います。しかも、販売期間が冬の寒い時期に限定されているという超レアな漬物です。ぜひ、冬に金沢を訪れた際は、販売されているのを見かけたら、是非、購入してみてください。ありふれたお土産より、よほどいいと思います。

このかぶら寿司と大根寿司が好きな人は、旬の季節に送ってもらって購入するほどだそうです。それぐらい、隠れた金沢の人気のお土産です。

 

北陸新幹線!古都の風物加賀友禅流しを知るものの感慨!金沢の古き良き都を楽しむ!兼六園の夜桜は凄い!

昔から、金沢は小京都と呼ばれ、観光客に人気の都市です。いまでは、北陸新幹線も開通して、より、便利なって、金沢を訪れる人が増加傾向にあるようです。

以前の金沢を知る人は、金沢の変貌に驚きを隠せないと思います。この点は、いい面も悪い面も持ち合わせています。

犀川の風物詩:加賀友禅流し

金沢は、室生犀星で有名な犀川と浅野川に囲まれた土地が中心でした。昔はといっても、1960年代後半まで加賀友禅の染ながしが冬の犀川の名物となっていました。長さは、かなり長く、50mぐらいのものが、川幅いっぱいに、犀川大橋から望むことができていました。それが、1970代の途中からみられなくなって、現在にいたっています。寒い川の水に入って大変だったと思います。

しかし、加賀友禅が川を優雅にながれているのをみると時間が止まったような感じがしたものでした。

今は、犀川大橋周辺は、整備され市民の憩いの場所になっていますが、昔をしっていると、すこしばかり、機械的な感じがして残念が気持ちがします。

古い小京都というイメージは、かなり薄れてきたのではないかと思います。

茶屋街の変貌

昔は、東の茶屋街、西の茶屋街といわれていて、それぞれ、犀川と浅野川沿いにあります。昔から、西の茶屋街は、飲みや等でにぎわっていて、小京都いうよりは、飲み屋街という雰囲気に満ちていました。

それに比べて、今も昔もそれほど変わっていないのが、格子戸でつくられた東の茶屋街です。昔は、観光客もたまに訪れるぐらいで、日中はさびれていて、まさに、小京都を表していたかもしれません。浅野川にかかるはしからみる茶屋街の風情は、なんともいえないほど、感慨ふかいものがありました。

更に、浅野川の向こうにある卯辰山も金沢の人にとっては、憩いの場所でした。金沢出身の作家は、多く、卯辰山にその作家たちの碑がたっています。

勿論、今の人は、昔の著名な作家といっても、ピンとこないかもしれません。

冬の兼六園の絶景は百聞は一見に如かず

金沢といえば、代表的なものは、兼六園です。1970年代後半ぐらいまでは、無料で、金沢市民が兼六園内を散策することも少なく、むしろ、金沢大学の学生が通学路的に使っていた程度でした。

そして、冬になると誰も通っていない兼六園は雪化粧で素晴らしいものでした。早朝でないとなかなか見られないので、大学生たちは、この雪景色を横目に見ながら通学していたので、これほど贅沢なことは無かったかもしれません。

有料になった背景は、松の根が傷むというのが理由だったとおもいます。勿論、観光客が増えるにつれて、その効果があるのかどうかは疑問ではあります。

もう一つ、池に流れ込んでいる川?に石が敷き詰めてあり、その上を渡れるようになっていました。これも、長年の人々の行き来で削れて、薄くなっていました。今は、ここは、通行できないようになっています。非常に浅く、せせらぎという感じでこの石を渡るのは、非常に感慨深いものがありました。このように、次第に、鑑賞できる範囲が狭められいます。この辺りは、観光客を呼び込みたいことと相反することなので、非常に、兼六園の景観を維持していくのは、大変なことだとつくづく思いますね。

古い兼六園を長く見続けた経験からいうと冬の雪景色が最高かもしれません。勿論、2月の梅の季節も素晴らしいし、4月の夜桜も素晴らしい。このように、兼六園は、年中楽しむことができる名園だと思います。

参照元:石川県金沢城・兼六園管理事務所

兼六園と双璧をもつのが、今では、石川門だけが残る金沢城でしょうか。昔は、この中に大学があり、お城の中にあるのは、世界でも少なかったそうです。

1970年代は、学園紛争がピークを迎えていて、あれに荒れまくっていました。お城にあった大学も封鎖されていて、学生もはいることができませんでした。

変貌を遂げ続けている金沢

近代の都市に変貌を遂げている金沢は、発展が山側より海側へと移動しています。金沢駅を降りて迎えてくれるのは、斬新なデザインのたてものですよね。

当たり前ですが、昔は、金沢駅前は、かなりさびれていました。やはり、人気は、歌にもなっていますが、片町か香林坊でしょうか。この辺の通りはそれほど変化していないようですが、金沢21世紀美術館があるあたりからの片町に抜ける道や昔、県庁があったとおりなどは、しゃれた町つくりになっていて、非常におどろきました。唯一のこっているのは、今の人にはなじみのない四高跡でしょうか。勿論、一高は今の東大ですが。

城下町のトラップ道

実は、金沢21世紀美術間のあるあたりの道路は、金沢城があったためで、片町に向かって歩いているつもりでも、いつの間にか元の通りに戻ってしまい、なぜ、まっすぐにあるいたのにと思っても、今でも不思議でなりません。幾度も挑戦しましたが、全く同じでした。その時に考えたことは、道が僅かづつ、曲がっていたのだとおもいます。お城が或るところには、このように直接お城に攻め込まれないように道路つくりに工夫をしているのだと思います。しかし、金沢のこの道のつくりには、本当に騙されてしまい、本当のところはわかりません。それほど、考えて作られたのかと思います。

まとめ

以上、古い思い出に浸りながらも現代の観光都市を目指している金沢!どう、古い小京都としての価値をのこしていくのか興味深いところです。