40代ダイエット!くびれ美人になる3選&ステッパー


お腹の脂肪を減らし、すっきりスマートなお腹にするためには、どんな法方があるでしょうか。

1.まず普段からお腹に緊張感をもって生活する

お腹の脂肪を減らすのに役立てることができるのです。

立っているときも座っているときもいつもお腹を引き上げる感じで姿勢を保ちます。

常に意識し胸を高くして顎を引き背中は反らないようにして、お腹を突き出さないようにすることがポイントです。

お腹の辺りの脂肪を減らすには、食事にも気をつける必要があり、特に食べられないものはありませんが、食べる量には気をつけなければなりません。

食べ過ぎればカロリーはオーバーします。

消費カロリーと摂取カロリーのバランスを考えましょう。

お腹の脂肪をなくすためには、腹の脂肪を燃えさせることが大切で、腹に脂肪がつきにくくなります。

脂肪の燃焼させるのを助ける栄養素として、有名なビタミンは、ビタミンB1とB2で、B1が炭水化物を、そしてB2が脂肪を燃焼させます。

この栄養素が足りていないと、運動や食事制限をしてダイエットしても、腹の脂肪はとれません。

また、ダイエットで体重を減らせても、筋力がつかなくて基礎代謝も下がり、脂肪燃焼は活発になりません。

腹の脂肪を減らす、筋肉をつけることも大切で、食事に注意してたんぱく質を摂取することも必要です。

2.お腹の脂肪を取るためには

食生活を改善するとともに誰でも簡単にできる、お腹やせのエクササイズを行うと、大変効果が上がります。

お腹の脂肪を取るためのエクササイズは、自分が最も習慣として行いやすい時間帯を選ぶことが良いといわれています。

自分にとって無理なく続けられそうな時間帯、たとえば寝る前や朝起きたときなどを好きに選ぶといいでしょう。

お腹の脂肪を取るエクササイズで効果的なのは、みぞおちを引き締める運動で、ひざを立てて寝て肩幅くらいに足を開き、腹筋をする要領で背中を丸めながら上体を少し起こします。

お腹の脂肪を減らすエクササイズとして効果を上げるには、上体を持ち上げるときに肩甲骨が床から離れるくらいにするといいでしょう。

 

下腹の脂肪を減らすための運動もあり、これもエクササイズとして効果があります。仰向けに寝て、頭と曲げた足を少し浮かして、その足をまっすぐにのばすという運動ですが、かかとを床に付けず、きりきりのところで止めるのがポイントです。

体が動きそうになったら腕で床を押さえて、息は吐きながらゆっくりと繰り返します。

 

わき腹の脂肪を減らすエクササイズもありますが、お腹の脂肪を減らすエクササイズと一緒に行うと効果的です。

体を横にして足と肩ひじで体を支え、腰と上体を浮かして静止させるのが、わき腹の脂肪を取るエクササイズです。わき腹を浮かしたとき、反らないようにと力を入れてまっすぐにさせることで、わき腹の脂肪燃焼はより活発になります。

こんなお腹の脂肪を取るエクササイズは、家の中で簡単にできるものばかりなので、毎日すぐに取り入れることができるでしょう。

 

 

3.最後は、簡単な道具を使用する方法です。

いつも運動不足を感じている貴女

下腹・ヒップが気になる貴女

痩せたいけど、ダイエットが続かない貴女

さて、そんな貴女に最適な商品を紹介しますね!

短い時間で効果的に昇降運動ができるステッパーです。

 

後は、このステッパーを使用するだけです!

⇓ ⇓ ⇓

応援クリックよろしくお願いします。

本日のランキング応援クリックありがとうございました。